2017年02月15日

鉄道写真展「鉄展+」

もう、開き直ってPRするけど、3月1日(水)〜6日(月)に表参道の「Space Jing」で開かれる、鉄道写真展「鉄展+」に…

なんと、僕の作品というか、僕が撮った写真が出展されます。
なんてこった。これは何かの陰謀に違いありません。
つい、調子に乗ってしまいましたが……orz

ぜひ、お越しください。
12:00〜20:00のオープン(最終日は〜18:00)ですので、お仕事帰りにでも。

僕の作品以外は、素晴らしい写真ばかりです。

http://spacejing.com/2017/02/02/post-667/


posted by twins at 12:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

神宮外苑での火災事故に思う

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161107-00000061-fnn-soci


アートはアート。たとえ非現実的な作品であっても、自由な自己表現でなければならない。

しかし、現実サイドからは、それが容認できるものかどうかを、きちんと見極め、時には「待った」をかける必要がある。

問題は、その現実を、アーティストがきちんと自身で見極められるかどうか。
もし、見極められないのなら、その見極めを、現実に精通した信頼できる人物に委ねることができるか。

完全な自由は、たとえ表現の世界であってもありえない。
自己という制約をいやというほどわかっているはずのアーティストでありながら、他者の視点から見た制約もあるのだということを理解していなかった。
そのことが問題だと思う。


posted by twins at 16:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

2016年09月10日

メシ鉄!!!第4話



posted by twins at 19:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

【鉄道と表現】鉄道写真家/遠藤真人:鉄道ライター/土屋武之 対談トークショー

鉄道写真家・遠藤真人さんの写真展で、2月6日に開催されましたトークショーの模様が、YouTubeで公開されました。
第1部、僕との対談のテーマは「鉄道と表現」。
日本の美的感覚、芸術観といった、これまでにない視点から、鉄道写真を語っています。

1時間半もある大作?ですが、ぜひ、ご覧になってくださいませ。



posted by twins at 12:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

鉄道模型、鉄道写真について思うところ

ジオラマとしての「出来」をあれこれ言いはしないし、たぶん立派な作品なのだろう。ただ、考えてほしいのは、この作品から「鉄道の要素」を仮に抜いたとしても、成立してしまうんじゃないかな?ということ。「日本の風景」というテーマのジオラマとしても、...

Posted by 土屋 武之 on 2015年12月30日


posted by twins at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

シアターキューブリック「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン」〜約束された1枚のきっぷ

2015年11月15日(日)。「第3便」で観劇。


ひたちなか999劇評.jpg



前回に引き続き、劇評らしきものを書いてみます。
とはいえ、前回と同じシアターキューブリックの「鉄道演劇」で、場所を変えて、茨城県のひたちなか海浜鉄道で上演された「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン」です。

きっぷを買わないと列車には乗れないことは、皆さん、常識としてお持ちかと。
最近は、ICカードで「ピッ」の方が常識かもしれませんが。
でも、法律では、きっぷを買わないと鉄道には乗れないとなっています。
ICカードの話をしはじめるとややこしいのですが、あれは法律上の特例ということで、ご理解ください。

乗車券を買うと、券面には「東京都区内から大阪市内ゆき」「8750円」「4日間有効」なんて文字が並んでいます。特急券だと「11号車3番A席」なんて、指定された座席の番号なぞも書いてあります。

要は。

きっぷを買うということは、鉄道側が示した条件、値段を納得し。
その上で、所定の運賃・料金を支払い、きっぷに書いてある条件で運んでもらうという「約束」を結んだということなんです。

東京駅の窓口で「大阪まで」と言って8750円を払うと、鉄道会社は「大阪まで、あなたをこれこれの条件で運ぶことを約束します」という証明として、乗車券を発行します。
新幹線の「のぞみ」に乗りたければ、5700円追加して、特急券を買えば乗せてくれます。この場合、座席を指定することも条件に含まれていますので、「じゃあ、この席を使ってください。この日のこの列車のこの区間では、あなたの専用となります」と、約束してくれるのです。

きっぷとは。
約束の証明。

この作品では、鉄道との約束を破ってしまった女性、美波が登場します。

意図せざる行動の結果とはいえ、彼女は約束を破った報いを受けなければなりませんでした。

約束とは、時には無慈悲なものです。
現実の鉄道でも、不正乗車に対しては厳しい罰則が待ち構えています。
阿字ヶ浦に置き去りにされた浜子は、きっぷを持っていなかったのでしょうか。

きっぷには、出発駅も記されていれば、目的地の駅も記されています。
それもまた、最初からの約束。
目的地に着けば、列車を降りなければなりません。
そこから先へは行けません。
それもまた、最初からの約束。

「ことでんスリーナイン」では車掌だった勝太が、実は何者であったかが、この作品で明らかになります。
そして、彼もまた、きっぷの約束に縛られ、ひたちなか海浜鉄道湊線を旅します。
懐かしい人に会うために。

きっぷを使えば、懐かしい人に会えます。
きっぷを使えば、いつかは別れがきます。
約束を守れば、いずれ別れがくるのです。
きっぷを使い始めた瞬間から、それはわかりきったこと。

ことでんで車掌を務めていた勝太も、鉄道に関わる人間。
そのことを十分すぎるぐらい十分に承知しています。

でも、別れはそう簡単ではありません。

勝太は、美波がきっぷの約束を破ってしまったことを知ります。
それゆえ、懐かしい男性、望の前から、永遠に姿を消す結果となったことも知ります。
美波のきっぷは黒く焦げ、何が書いてあったのか、もうわからなくなっていました。

けれど、きっぷの約束を破らないと、懐かしい人に自分が誰であるか、伝えることはできません。
勝太は、この矛盾に苦しみます。

ただし、鉄道と乗客との約束は完全に無慈悲ではありません。
きっぷの約束は時に、情け深い一面も見せます。

勝太の妻だった遥佳は、金上で降りるはずでした。
遥佳が持つきっぷは、金上までだったはずです。
しかし、カツヒコと仮の名を名乗る勝太との時間を選び、次の日工前まで、乗り越します。
鉄道の秩序を守る者であるはずの「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン」の車掌は、それを黙って認めます。

「きっぷとは何か」

それが、この作品を解く鍵です。

ふだん、何気なく買い、何気なく使っている「きっぷ」。
すべては、1枚のきっぷから始まり、1枚のきっぷを使い切った時に終わるのです。

いつかはやってくる別れ。

それもまた、「約束」なのでしょう。


posted by twins at 14:31| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

シアターキューブリック「ことでんスリーナイン」〜一宮駅の時間断層

2015年9月23日(水・祝)。「第2便」で観劇。


ことでんスリーナイン.jpg



演劇評論って。もちろん映画でも美術でも音楽でも同じことなんですが。
あらすじを紹介して、面白かった、つまらなかったって感想を言うものとは思っちゃいません。芝居を見て、自分がどういうインスピレーションを感じたか。それを文章で表現することであって、いわば二次創作に近いものじゃないかなあ、なんて思っています。
大昔、大学で「これが演劇評論だ」と習いました。たぶん、そういうことなんだろうって理解しています。山崎先生、間違っていたらごめんなさい。

「ローカル鉄道演劇」! 僕以外の誰得なのでしょうか(笑)
演劇と鉄道を、まるで左右2本のレールのようにして生きてきた僕。

走る列車、つまりは生きている鉄道のなかで演じられる演劇。つまりはどういうことなんでしょうかね?
演劇はふつう、劇場で演じられるものと相場が決まっています。劇場とは非日常空間です。
それをわざわざ、公共交通機関イコール日常の世界に引っ張り出すとは、なんとも大胆な。

シアターキューブリックのローカル鉄道演劇は、ふつうにお客さんを乗せて走っている定期列車の合間を縫って、貸切の臨時列車を走らせて演じられます。
非日常であるのは、臨時であることぐらい。まさに時に臨んで走る劇場、いや列車。
同じ舞台の上で場面が展開していくんじゃない。劇場の方が次々に、時間と空間で形作られた場面の中を動くんですもの。前代未聞です。思いついた人は天才。

走る列車は、時間と空間の中を進んでいます。 列車ダイヤは、縦軸に距離すなわち空間、横軸にはそのものズバリ時間が取られています。そこへ上り下りの列車の「スジ」が、まさに縦横に引かれています。まるで、無数の人生のように。

無論、ふつうに列車に乗客として乗っている限り、時間と空間の進み方は日常生活と同じです。他の人と同じだけ時間が進み、空間が動きます。
これを、日常の時間の流れから切り離し、遠く離れた空間へ飛ばしてしまえるのが、演劇の力なんだなあ……

演劇の世界に観客として入り込んでしまえば。
今を過ごしている時間から、過去にも未来にも自在に旅ができます。
列車の内外に流れている空間が、あら不思議。自在に転換していきます。

走る「ことでんスリーナイン」号の中に流れていた時間も空間も、大いに歪められました。

ただ、劇場なら、時間や空間を歪めることは、さほど難しくありません。装置(大道具)や照明、衣装などの助けも借りて、俳優たちは物語を展開していきます。
今はどんな時間の中にあって、こんな空間の中にあるということを、示しつつ。
現代劇であっても時代劇であっても、観客と舞台上との共通認識を作りつつ。

しかし、列車は定められたレールの上を走るだけ。
臨時列車といえども、もちろん事前に決められた時刻に従って、運転士が走らせているだけです。

どうやって、時間と空間を歪めたか?
僕は歴史の力を借りたのではないかと感じました。
ここでは、そのお話をします。

この作品は、簡単に言うと、ことでん(高松琴平電気鉄道)琴平線の沿線で生まれた三姉妹が、母が亡くなったことをきっかけに、20年ぶりに故郷へ帰る物語です。
そこへ、三女が生まれる前に亡くなった父親とおぼしき人物。その父と近かった人々。そして列車を掌る車掌がからみます。

三女は1994年の生まれ、21歳。
次女は、横綱白鵬(1985年生まれ)の1つ下という台詞が出てきますから、1986年生まれ。29歳。
長女は、次女の3才上だそうですから、1983年生まれ、32歳ということになります。
長女、次女と三女との間には、割合大きな年の差があります。

「ことでんスリーナイン」が演じられた臨時列車に一緒に乗っていて、この三人の生年が、かなり大きな意味を持っているような気がしました。

往路。
列車は仏生山駅を出て、20年前にはなかった空港通り駅(2006年に新設)を過ぎます。そのことが、20年前を知る長女と次女の間で語られます。三女は、「初めてのふるさと」に戸惑い気味です。

次が一宮駅。
ここが、具体的には三姉妹が生まれた土地です。
父親が亡くなった経緯から、その妻、つまり三姉妹の母は娘たちを連れ、故郷を捨てて、どこか遠い町へと去りました。

一宮。
そうか。一宮か。

鉄道に生きる人間ならば。ここで何かが心の中で動かなければならないはずです。
それは僕の義務のようにすら思いました。
ことでん沿線に生まれ育った人ならば、嗚呼、なるほど…と思い当たってもいいはずです。
帰宅後、調べてみれば、ここで感じた何かは、正解でした。

一宮駅から、物語は大きく展開していきます。
言い換えれば、時間と空間、なかんずく時間が大きく歪みます。

2015年のはずだった舞台は、1993年へと転換します。
長女は10歳。次女は7歳。三女はまだ母親のお腹の中。
三女だけ、その転換から取り残されます。

なぜ、このような転換が起きたのか?
起きたのだからしょうがない、と言うことは簡単です。

では、なぜ一宮なのか?
物語の上で、一宮駅で時間の歪みが起こったのは、必然だったはずです。

1987年、長女4歳、次女1歳の時。
具体的には4月7日。

一宮駅は、移転しているのです。

長女は物心ついていたでしょうから、元の一宮駅を覚えているかもしれません。
次女は無理ですね。記憶にはないでしょう。

でも、20年ぶりの帰郷の時。三女が「ここが私たちの家があったとこ」と教えられた一宮駅は、実は長女と次女が生まれた時の一宮駅ではありません。
姉たちにとっては故郷であって、故郷ではないのです。

妹は姉たちの言葉を信じました。
そこに、長女次女と三女との空間的な断層が生じました。
それが時間的な断層をも呼び起こした……と気づいた時、僕はストンと、この物語全体が腑に落ちました。

一宮駅が移転した距離は370mほどと言います。大人になった今では、大した移動ではないかもしれません。
けれど、小さな子供にとってはとてつもない遠さに感じるでしょう。

でも、姉たちは、それを知っていたはずです。
今の一宮駅が、昔懐かしい故郷とは違ってしまっていることを示唆する台詞に、いくつか思い当たります。
三人が生まれた家が、今の一宮駅ではなく、昔の一宮駅の方の近くだとしたら……

そして、三女についた「ここが故郷の駅」という、小さな「嘘」から、亀裂が生じはじめたとしたら……亡き父とおぼしき人物は、それを危ぶみ、現れたのかも……

高松築港や仏生山方面から、列車が一宮駅に到着するとき。単線の線路が、元の一宮駅があった場所で2本に分かれ、駅に着くのかな?と思っても、なかなかホームが現れず。
しばらく走ってから、ようやく今の一宮駅に着きます。

往路、復路それぞれ約30分ずつ、計1時間ほどの作品から、思うところはいろいろありましたが、僕としては、往路の一宮駅での「断層」が、観劇後の余韻も含めて、いちばん印象に残っています。

往路の断層の始まりがあってはじめて、復路の一宮駅での父との別れが、クライマックスとして、より心に響いたとも言えます。
線路が分かれたところから始まった三人の間の断層は、復路、ふたたび線路が一つになるところで、父に見守られつつ、無事に元へと戻るのです……

仏生山〜滝宮往復という小さな旅からは、20年分の時間と、人の心という無限の空間を感じました。
列車という舞台あればこそです。

演劇と鉄道を、ともに見守り続けてきた自分の人生にも、何か意味があったのかな。


posted by twins at 01:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

真島満秀写真展「記憶の中の鉄道回廊」

真島さん写真展.jpg


そして今日は、旧中山道追分宿にある、「文化磁場油や・ギャラリー一進」で開かれている、真島満秀写真展「記憶の中の鉄道回廊」。
および、トークショーへ行ってきました。

鉄道写真家の皆さんは、大切なビジネスパートナー。
うん。いいですね。ああいう師弟関係。
うらやましいな。


posted by twins at 21:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

「ことでんスリーナイン」

DSC_1298.jpg今日は、シアターキューブリック「ことでんスリーナイン」を、見に行きました。



DSC_1299.jpg


DSC_1300.jpg

posted by twins at 15:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

「たたら侍」ロケ地訪問記

ということで、「たたら侍」ロケ地訪問記を書きました〜話はかなり脱線していますが…(^_^;)

Posted by 土屋 武之 on 2015年9月20日



posted by twins at 20:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

スウェーデンの新紙幣

スウェーデンの新紙幣では、グレタ・ガルボ(水谷八重子や入江泰吉らが同い年)や、アストリッド・リンドグレーン(中原中也や井上靖らが同い年)が登場する時代になったか…日本なら、そろそろ手塚治虫や黒澤明をお札にしてもいいんじゃないかな?

Posted by 土屋 武之 on 2015年9月15日



posted by twins at 12:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

Eテレ「趣味どき!・一声入魂!アニメ声優塾」

NHK Eテレ「趣味どき!・一声入魂!アニメ声優塾」の第6回、平野文さんの回をリアルタイムで視聴〜∩(´∀`)∩ワァイ♪しかし、毎回、僕の「演劇脳」が刺激される。第1回から録画してあるんで、気づいたことをノートにまとめてみたい…

Posted by 土屋 武之 on 2015年9月8日

posted by twins at 23:24| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

阿川弘之、死去

いちばん最初に読んだ、阿川弘之の本が思い出せない。確か、小学生の時?図書館で読んだ??『お早く御乗車ねがいます』ではないかなあ…と思うのだけれど、確証は持てない。内田百間も宮脇俊三も、そして種村先生も、いちばん最初に読んだ本や記事は、...

Posted by 土屋 武之 on 2015年8月5日



posted by twins at 21:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

僕は、江戸川乱歩の生まれ変わり!?

江戸川乱歩先生は、1965年7月28日に亡くなられました。その日はまさに、土屋武之が生まれた日であります。つまり、生まれ変わり(笑)今年は、乱歩先生没後50周年なのです。

Posted by 土屋 武之 on 2015年7月28日



posted by twins at 12:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

DISCOVER, DISCCOVER JAPAN

ディスカバージャパン.jpg

今日、1時間弱ほど時間が空いたのと、東急東京メトロパスを利用して都内をウロウロしていたので、丸ノ内線で東京駅へGO。
東京ステーションギャラリーへ寄りました。

ぜひ見たいと思っていた企画展「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 『遠く』へ行きたい」を、この際、見ようと思ったのですが………

いやあ。
1時間やそこらじゃ、出てくるのがもったいなくて…(^_^;)
しかも、シニアグラスをコインロッカーの中にカバンごと入れてしまったため、解説文や資料の文字がまったく読めないという不始末。

これはリベンジ確定ですが、11月9日に終わるまでに、行けるチャンスがあるかどうか…


posted by twins at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

関西と関東の表現

携帯やスマホ、ゲームなどを見ながらホーム歩くのは大変危険です。
線路に転落したら、命に関わります。

なので、鉄道各社では、さまざまなアピールをしているのですが…



関西版.jpgこれが、大阪市営地下鉄で見かけたもの。

直接的ていうかなんというか、関西らしい表現やなあ〜と(笑)



関東版.jpgこれが、田園都市線渋谷駅で見かけたもの。

うまいイラストだけど…何のアピールか分かりにくいというか。
注目されてナンボという気が。
まあ僕が関西人だから、というのはありますが…(^^;)



みなさんは、どちらが「ピン」ときますか?



posted by twins at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

RAILWAYS2_1.jpgいよいよ、12月3日より、全国公開が始まりました。
今回は、ほとんどからんでいない(出演もしていないです…)のですが、相変わらず、劇場用パンフレットの富山地方鉄道の解説を担当しております♪

で、試写はもう2回も見ているので、劇場では、いつどこで見ようかな…と考えていたのですが、初日は混雑しそうなので、昨日(4日)に有楽町の「丸の内ピカデリー」へ行ってまいりました。



RAILWAYS2_2.jpg日曜日の夕方の回だったのですが、けっこうお客さんがたくさん入っていました。
観客の平均年齢が高い高い…前作「49歳で電車の運転士になった男の物語」より、ずっと高いような気がします…(^^;)


公式サイト




アスカルゴ.jpg映画館へ行く前に、ちょっと時間を作って、飛鳥山まで。
未乗線区?の簡易?モノレール「アスカルゴ」に乗ってきました。
正確には鉄道ではなく、斜行エレベーターなのですが、話のタネに。



posted by twins at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

『わさお』初日!

わさお1.jpg3月5日は「はやぶさ」デビューを東京駅で見届けてから銀座へ回り。
「丸の内TOEI」で『わさお』の初日舞台挨拶を見てきました。


『わさお』とは青森県鯵ヶ沢町の焼きイカ店で飼われている、元は捨て犬だった秋田犬。
不細工な顔をしてるんだけど可愛いという、「ブサカワ」で名を知られるようになった犬です。

その、わさおの物語(ストーリーはフィクションですが)を映画化したのが、僕の映画俳優デビュー作(笑)『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成監督なのです。
主演は、わさお本人(本犬?)と、薬師丸ひろ子さん。
機関銃をぶっ放していた時代(笑)から知る、同世代の女優さんです。
しかし、今でも実物はきれいだったなあ〜♪



わさお2.jpgこれが、わさお…じゃなくて、着ぐるみです(笑)


で、映画の方は………泣けます。
錦織監督らしい、ハートウォームな作品です。
ぜひ皆様。ご家族ご近所友人知人、お誘いあわせの上、劇場へ!


ちなみに僕は出演しておりません(笑)
鯵ヶ沢で長い間、ロケしていたそうですが、去年4回も青森へ行った割には、ロケ期間だけちょうど避けたようなスケジュールでして…


映画『わさお』公式サイト ※音量注意





posted by twins at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

米屋浩二さんの写真展へ

米屋さんハ真展.jpg今日は比較的、余裕のあった日。
そこで好機逸すべからず!とばかりに、新宿の「コニカミノルタプラザ」(新宿高野ビル4F)で開かれている、鉄道写真家の米屋浩二さんの写真展「アジアン鉄道で行こう」へ行ってきました。

2月10日までなのに、実はなかなか行けずに焦ってました…(^^;)


タイ、インド、台湾などアジアの国々をめぐり、そこに暮らし、鉄道に集まる人々をテーマにした写真展です。
米屋さんの「ライフワーク」とも言える写真の数々ですが、じつにこれが"やわらかい"んだなあ…

優しく、あたたかい写真ばかりなのですが、僕が感じたのは、やはり「やわらかさ」。
そこにはプリントに対するこだわりもあるのですが、基本的にはカメラを通じて被写体へ向けられた、写真家の視線の賜物でしょう。


そんな米屋さんの顔を見るたび、いつも僕は「ノルウェー行こうよ〜」とか「○○で写真展やろうよ〜」とか、ちょっかいを出しまくっております(^^;)
やさしい米屋さんは、いつも苦笑まじりでニコニコしながら、僕のアホ話につき合ってくれます。


明日、明後日までですが、お時間がある方は、ぜひ。
10時30分〜19時(最終日は15時まで)。無料。




posted by twins at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

台風の夜に

白い船DVD.jpg今日、関東には台風が接近し、午後からは大荒れの天気となりました。
台風慣れしている?西日本人の僕は、今日は家に籠ることを決め込み、食料品もいろいろ買い込んで、一日、大人しくしていました。
やることと言えば、原稿書きしかありませんけど…


仕事は夕方には終了。
ということで、夜はDVDタイムであります(笑)

先日、ブルーレイディスクレコーダーを買ったのと前後して、錦織良成監督の映画のDVD、ブルーレイを全部買いそろえました。

「白い船」
「ミラクルバナナ」
「うん、何?」
そして「RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語」

これまで、まだ1本も見ていなかったので…(^^;)
上映された順にまず「白い船」から。
島根県平田市(当時)の、塩津小学校の生徒たちと沖を通る九越フェリー「れいんぼうらぶ」との交流を描いた、「島根三部作」の第一作であります。



posted by twins at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

『LIFE』&『my Classics 2』

中央林間9/10昨日は朝から、半年に一度の中央林間通い。
手術後、恒例の定期検診であります。

腫瘍の摘出から、かれこれ3年。
検診もぼちぼち"卒業"になりそうで、来月、最後の?CTスキャンをすることになりました。
朝食抜きで「輪切り」であります(笑)



LIFEお昼過ぎには終わったので、中央林間で昼食。
ついでに、この2枚のアルバムを買って帰りました。

アンジェラ・アキの『LIFE』。
そして、"溝の口の歌姫"平原綾香の『my Classics 2』であります。

『LIFE』は発売されたばかりの、ニューアルバム。
けれど『my Classics 2』は6月に発売されていたのに、買い忘れていたものでして…(^^;)

帰宅し、さっそく2枚ともMacBookのiTunesにアップ。
どうせ旅先にもノートパソコンを持っていくので、これでOKです。



posted by twins at 23:26| Comment(9) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

『RAILWAYS』DVD&ブルーレイ・10/14発売!

RAILWAYSDVD.jpg
大ヒットした映画『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語』は、まだ上映している劇場があります。
ぜひ、2度3度と味わってみてください!

上映劇場・一覧


そして、DVD&ブルーレイの発売も決定いたしました!
発売日は10月14日の「鉄道の日」で覚えやすい(笑)
さまざまな特典もありますので、詳細はぜひこちらから!↓
http://www.railways-movie.jp/dvd/

錦織監督の前作「うん、何?」のDVDも同時発売されます!
う〜ん、ブルーレイを買おうかなあ〜(笑)



posted by twins at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

「うん、何?」@なんば

100702_1258~01.jpg「RAILWAYS」は今日、多くの劇場で千秋楽を迎えます(寂)
が、まだまだ上映を続ける映画館もありますので、お見逃しなきよう!


今日午前中は「なんばパークスシネマ」で、錦織監督の前作「うん、何?」を見ていました。
「出雲三部作」の第2作。
こちらは7月9日まで上映しておりますので、関西エリアの皆様は、ぜひ見てくださいね!



posted by twins at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「RAILWAYS」7回目(笑)

100701_1543~01.jpg@梅田ピカデリー

子供の頃から、お馴染みの映画館です。
場所も全然変わらず、「泉の広場を上がったとこ」。

ところで、ついに前売り券が底をつきました。
これから、どうしましょう(笑)



posted by twins at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神百貨店の“ノリ”

100701_1233~01.jpg会社名が「阪急阪神百貨店」などという、ひっくり返りそうなものになろうと。
阪神百貨店の“ノリ”は永遠に不滅であります(笑)

この“ノリ”(というか“ブランド力”)が客の財布を開かせ、利益を生んでいるわけです。
経営統合されようが、傘下に入ろうが、変わるはずがありません♪
マトモな経営者なら、そう考えるのは「常識」でしょう。



posted by twins at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

松任谷由実「ダンスのように抱き寄せたい」

ダンスのように.JPG最近、『RAILWAYS』がらみのネタしかないのか!と言われても。
これが無いんだなあ…実は嬉々として書いているという噂も(笑)

ここんところ、外出もほとんどなく、仕事仕事の日々です。
あ、昨日は打ち合わせの後、2ヶ月に渡る大陸横断の旅から帰ってきたばかりの仕事仲間・草町義和を呼び出して、中華を食いながら「JR西日本とJR四国が合併したよ〜」とか、留守中の嘘情報ばかり教えて遊んでました(笑)


さて、「ダンスのように抱き寄せたい」。
もちろん、大ヒット上映中の『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語』の主題歌です。
もちろん、いい歌なのですが…

このCDの中に入っている「CDCM: 映画「RAILWAYS」Begins〜父の乗った電車〜」が、もう絶品の語りなのです…
語っているのは、主人公の母親役の奈良岡朋子さん。
映画の「前日談」に当たるお話なのですが、涙なしでは聞けません…


サウンドトラック.JPGもう一つ。
最近の“仕事のBGM”はこれ。
『RAILWAYS』のオリジナル・サウンドトラックです。音楽は吉村龍太。
映画に登場する電車の走行音なども納められていて、鉄道関連の原稿を書くにはちょうどいい?


さて、『RAILWAYS』。
早く5回目を見に行きたいなあ〜(^^;)



posted by twins at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

「RAILWAYS」初日!

100529_1139~01.jpgやってきました有楽町は「丸の内ピカデリー」。
13:05の回の上映後、舞台挨拶があるので、やはりここを選びました。

何だか久しぶりに“初日”の高揚感を味わっております!



posted by twins at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「RAILWAYS」無事に公開開始

100522_1652~01.jpg島根、鳥取両県の先行ロードショー、無事に始まりました。
錦織監督らの舞台挨拶があった、Tジョイ出雲も大盛況でありました。
来週の全国公開が楽しみです。

全国の皆様、ぜひ映画館へ!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


さて、お名残惜しいのですが、僕もこれから帰ります。



posted by twins at 16:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「RAILWAYS」先行上映初日!

100522_0720~01.jpgおはようございます。
昨日は昨日で美味いものを食っていたのですが、それはさておき(^_^;)


今日、5月22日からいよいよ島根、鳥取両県では「RAILWAYS」の先行ロードショーが始まります!
他の都道府県の皆様は、あと一週間だけ、5月29日までお待ちをm(_ _)m


ということで、前夜、松江に泊まってた僕は、当選、BATADENこと一畑電車で映画館に向かうのであります(笑)



posted by twins at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

ほのかたび


ほのかたび.jpgしかし昨日は夕方5時から飲み始めて、家に帰ったのが0時30分頃やったもんなあ〜(笑)


今日は昨夜に引き続き、新宿へ。
鉄道写真家・中井精也さんの写真展「ほのかたび」が明日10日までなので、慌てて?見に行きました。
僕もよく知るこんな人あんな人とかこんな人も、「見に行きました〜♪」という楽しそうな記事を次々アップしていたので、少々焦ってもいましたし(^^;)


13時にギャラリートークがあるというので、それに合わせて行ったら、あら、思っていたより(←失礼)凄い人出!
ちょうど会場に居た時、震源地が23区内という(西荻窪という噂も?)珍しい地震があって、ビル内に非常放送が流れたりして。

何やかやであわただしく人込みもけっこうあって、のんびり写真を眺めるには、ちょっとしんどい状況でしたけれど。
でも日頃、目を吊り上げて鉄道に接している自分(^^;)にとっては、ゆるやかな気分で鉄道を楽しめたひとときでした。
中井さん、ありがとうございました(←人多すぎて、遠慮してるうちに会場では挨拶できなかったんで…)



posted by twins at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

宍道湖のしじみ

100415_2243~01.jpg3日間のご無沙汰でした(かすかにご縁を感じることがあって、玉置宏風・笑)
一応、生きております。
もちろんのこと? 仕事に追われておりました…(^^;)
来週末の出張まで、怒濤の原稿執筆の日々が続きます。。。

この間、4月12日の月曜日には、映画『RAILWAYS』の完成披露記者会見と試写会が行われましたので、のこのこ出かけてきました。
その詳しい模様は、RAILWAYS公式ブログでどぞ(←手抜き

写真は試写会でもらった、シネマ県…じゃなくて、島根県のお土産の中にあった「宍道湖のしじみ」。
真空パックになっているんですね、今時のしじみ(笑)
味噌汁作って食べたいんですが、そのヒマが…



posted by twins at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

小説版『RAILWAYS』

100407_2154~01.jpg新聞広告で見かけ、今日、溝の口の文教堂で買ってきました。
最近は、こういう手法が主流なんでしょうね。映画公開前に、小説版の方が先に“公開”です。
映画の台本も持っている、試写会も見た、という僕は、当然、ストーリーを全部知っている訳なんですが…(^^;)

『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語』
作:小林弘利 原案:錦織良成
小学館文庫/580円

『RAILWAYS』公式サイト



posted by twins at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

「RAILWAYS」の劇場情報…(^^;;;;;

RAILWAYSデハニ50


えーっと。
ずっと、「RAILWAYS」の劇場情報、出てへんなあ…と、思ってたのですが。

申し訳ございません。
今日、ふとFirefoxで見てみると…ちゃんと出ているじゃないですか(^^;;;;;;;;;;
いえ、これまでずっとSafariで見てたもので…すみません。
何でなのでしょうね…Flashの問題なのでしょうけど。

とりあえず、現在決まっている上映館はこちらです↓
http://www.railways-movie.jp/theaters.html


先にコメントでお問い合わせがありました町につきましては…
札幌は「札幌シネマフロンティア」と「ユナイテッド・シネマ札幌」
旭川は「シネプレックス旭川」
北見は「ワーナー・マイカル・シネマズ北見」でございます。
なぜか、北海道ばかりなのですが(笑)



posted by twins at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

高津区「サンレッド」で暴走?(笑)

100308_2137~01.jpg100308_1302~01.jpg川崎市高津区が誇る?コミック&アニメ天体戦士サンレッドでありますが、最近、高津区役所とのコラボが次々に行われております。

アニメのエンディングに区長以下、区役所の皆さんが登場するのはまだまだ序の口溝の口。
1日消防署長など、区のイベントでヴァンプ将軍が引っ張りだこになってます。
お呼びがかかるのがサンレッドではないところが、やはり人を見る目があるというか(笑)


ついには「聖地マップ」(写真右)を区役所が作ってしまう始末(笑)
先日、秋葉原でヴァンプさまが自ら配ったのに続き、今日からは区役所と高津市民館で配られるということで、もらってきました。
表紙がアニマルソルジャーであるところが、高津区のフロシャイム支持の姿勢を示しております(笑)

溝の口のお店5軒では、3/27までオリジナルの「鶏だんご鍋」が食べられるキャンペーンをやっております。
もはや「鶏だんご鍋」は溝の口名物となりました♪

地元住民としては面白くてしょうがないです。こーゆーノリは大好きであります。
住民税を払っているかいがあるというか(あ、確定申告しなきゃ…)

もう高津区役所は誰にも止められません!(笑)


天体戦士サンレッドと連携した区セールス事業(高津区公式サイトより)



posted by twins at 22:22| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

「RAILWAYS」前売券を購入!

100302_2122~01.jpg公開日が5月29日(土曜日)に決まりました、僕の映画俳優デビュー作(にして引退作)『RAILWAYS』!
映画の公式サイトでは、まだ上映館情報がアップされていないようですが…間もなく発表されるでありましょう。上映館情報もアップされております。

僕の方では、北は旭川、北見から、南は鹿児島まで(お近くの方、ぜひ!・笑)
上映が決定した映画館の情報を把握しておりますので、お尋ねいただければ、こっそりお答えいたします(笑)


さて、今日。有楽町へ用があっていったついでに、「丸の内ピカデリー」に立ち寄って、「きっぷ型ストラップ」付きの前売入場券を買ってみました(^_^)v
さすが、ちょっとファン心をくすぐるおまけです(笑)
さっそく携帯につけてみることにします〜♪



posted by twins at 21:47| Comment(16) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

『RAILWAYS』試写会へ

100127_1749~01.jpg忙しくて泣きそうな日々が続いていますが、その合間を縫って、今日はこの場所へ。

そう、タイトルの通り『RAILWAYS』の関係者向け試写会へ行ってまいりました!

いやあ、もう、素晴らしい。
期待通り、期待以上の美しい映画です。
すべてが包み込まれるような、そんな気持ちになれます。

もう間もなく公開日、主題歌などの情報をお伝えできます。
1月30日からは、映画館で予告編も流れます。
一般向け試写会などあれば、ここでもお知らせしましょう。


『RAILWAYS』公式サイト


え?
僕の登場シーンはって?
ああ、思っていたより長く映っていました(笑)
台詞もちゃんと言えてたし(^^;;;;;



posted by twins at 22:11| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

『RAILWAYS』公式サイトに予告編登場!

RAILWAYSデハニ50


僕の映画俳優デビュー作であり、おそらく「引退作」になるであろう(^^;)
映画『RAILWAYS』の公式サイトがリニューアルされ、映画の予告編の動画が見られるようになりました(僕は出てきません・笑)。

下のリンクから、ぜひ一度、ごらんください!

公開も、2010年5月に決定しております。


『RAILWAYS』公式サイト
posted by twins at 23:20| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

山頭火・句碑

091017_1316~01.JPG水があふるる
 山のをとめの
   うつくしさ

    山頭火


旧・国鉄バス西渡駅(たぶん)にて



posted by twins at 13:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

友和&百恵さん次男・三浦貴大が俳優デビュー

友和&百恵さん次男・三浦貴大が俳優デビュー(スポーツ報知)

何を、このブログに似合わない芸能ネタを書いているんだ、とのご批判もございましょうが(笑)
そのデビュー作というのが『RAILWAYS』となれば、黙ってはおれません(笑)

※サイドバーの映画『RAILWAYS』のコーナーにもニュースを追加しています。



いえ、実は以前から知っていて、「黙っておいてくれ」とスタッフから念押しされていたんですけどね。
今日、こういう形で出たので、では…と。

三浦貴大くんは、僕が撮影に挑んだ日にもロケ現場に来ていましたし、打ち上げパーティの時も、すぐ近くにいました。
非常にがっしりとした体格のいい青年ですが、顔はお母さんによく似ています。

親の名前に負けず、「三浦貴大」として大成することを期待しましょう。



posted by twins at 13:56| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

平原綾香『my Classics!』

090906_1755~01.JPGご無沙汰いたしておりましたm(_ _)m
一応、生きてます(^^;)
が、書かねばならぬ原稿の量がハンパじゃなくて、死にかけております。。。


食事は出前。
本やCD買うのは「Amazon」ということで(?)

9月2日に発売になった、“溝の口の歌姫”平原綾香のニューアルバムも、ちょいちょいっと机上のパソコンからAmazonに発注。
今日、届きました♪

が、しかし!…聴いるヒマがありません…(まだ未開封・涙



posted by twins at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

出雲市役所平田支所

090828_1746~01.JPG今日は、朝から夕方まで、ここに缶詰でした〜♪(謎)



posted by twins at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

さようなら時計坂駅舎

090801_1353~01.JPG東久留米に来ております。
駅前は詰め掛けた人で、えらいことになっておりますが。
解体を目前にした、今日一日だけ、この駅舎は「時計坂駅」です。。。



posted by twins at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

『BATADEN』から『RAILWAYS』へ

RAILWAYSデハニ50


一畑電車の映画『RAILWAYS』会見(山陰中央新報)

※7/31、追記の部分に、TVニュースの動画を貼り付けました。



今日、これまで、このブログでは『BATADEN』という仮題で、少々ご紹介してきた映画の記者会見が出雲大社であり、正式な題名が『RAILWAYS』と発表されました。
来年、2010年の公開予定です。

監督は、去年、僕が恵比寿でばったり出会った(笑)、錦織良成氏。
『うん、何?』の監督さんです。

主人公の運転士を演じるのは中井貴一。
主人公の妻役には高島礼子、娘役には本仮屋ユイカ。
写真はこの映画の“もう一人の主役”、一畑電車のデハニ50です。


で、何で、今日のブログネタにしたかというと。



もちろんのこと!(笑)
posted by twins at 21:49| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

16種類で十六茶♪

090723_1010~01.JPGカンカン照りで、猛烈に暑うございます。
今日は、日食で太陽が隠れる予定はないのでしょうか?(←無茶

あまりに暑いので、駅の自販機でこいつを購入。
グッズの売り上げに協力して、ぜひ来期の補強資金に…
常に現実を直視しつつ、夢も見続ける、阪神ファンであります。。。



posted by twins at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

重大発表!(笑)

090716_2303~01.JPG皆様に重大なお知らせがございます。




実は………
posted by twins at 23:36| Comment(16) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

関西の方・情報求む(笑)

090706_1650~02.JPGさて、用も済んだので、これから帰ろうとしておりますが。
さっき、実家で毎日放送の「ちちんぷいぷい」をチラッと見たら…

な、なんと!
「ざこばと文珍が、一緒にテレビ出たある!!!」( ̄□ ̄;)!!
 ※関西以外の方へ:二人は犬猿の仲で有名なんです。。。

ひょっとして二人とも歳を取って丸くなったのでしょうか???
浦島太郎状態の小生。
関西在住の方。ご教示をm(__)m



posted by twins at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

アンジェラ・アキ「ANSWER」

090226_2214~01.JPGねこくまさんの悪影響(笑)で、アンジェラ・アキにもはまってしまっている、小生。
本日、ニューアルバム「ANSWER」を買い求めて参りました(^_^)v

今、後ろで流れておりますが…「手紙 拝啓 十五の君へ」以外は、お初の曲ばかりですが…
「アンジー、何となく丸なった?(笑)」

「Home」や「TODAY」は、えらく“トンがった”アルバムと思いましたけど。
アレンジの違いか、「ANSWER」ではアンジー、えらく優しくなってるような感じがします。
あ、今、終わりましたので、「Home」を改めて聞いてみましょうか。

ま、何はともあれ。
とにかく、やっぱり、アンジェラ・アキは、よろしゅうございます(笑)



posted by twins at 23:01| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

「怪獣使いと少年」

たまには、真面目な話。

今日は月曜日です。
月曜日の23:00からTOKYO MXテレビで再放送されている『帰ってきたウルトラマン』を、毎週楽しみに見ています。そういう世代ですから(笑)
初回放送時、僕は幼稚園児(!)で、最初の頃は怪獣が怖くて、まともに見られなかったのですけどね(^^;)


今日の放送は、第33話「怪獣使いと少年」。
この話は、よく覚えています。深く子供心に突き刺さりました。
傑作の誉れ高いのですが、40年にも及ぶウルトラマンのシリーズの中でも、もっとも「悲惨」で「救いがないストーリー」と言われているそうです。その通りだと思います。

メイツ星人と共に暮らす少年を襲う、壮絶な「いじめ」。
最後は惨殺に至ってしまう、地球人の宇宙人に対する陰湿な「差別」。
その結果、怪獣ムルチを呼び覚ましてしまう愚かさ…

子供向けの超人気特撮ドラマで、人間の業を描いた、こんな暗すぎる悲劇を放送するなど、今では考えられないのですけど(当時も「放送すべきでない」との声があったとか)。
製作者側の差別に対する強い怒りが、この作品を産んだのです。

物語の舞台は、奇しくも今、自分が住んでいる川崎市です。
今日たまたま、所用の帰りにJR川崎駅北側の再開発エリアをバスで通りました。
高層ビルが建ち並び多くの人で賑わう町に、かつての工業地帯の面影はありません。

でも、メイツ星人が殺されてから30数年。
地球人の差別意識は、少しは改まったのでしょうか?
僕には、今にもムルチが現れて、ビルを破壊して回りそうに思えたのですが。。。

放送開始まで、あと1時間弱。
今の僕は、この作品を直視できるでしょうか…



陰惨極まりない、あらすじはこちら(wikipediaの「メイツ星人」の項目より。当然、ネタばれあり)
posted by twins at 22:03| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

おかん、今日もトクしたで〜!

090122_0852~01.JPGTOSHIBAのエアコン「大清快」の車内吊り広告。
以下、「めっちゃ ぬくぬくやわ!」「ほんま、大正解やわぁ〜」と、強力コピー三連発で続きます(笑)

東芝って東京の会社ですけど、郷に入れば郷に従え(笑)
このダイレクト極まりないPRが、ハイソな北急8000系「ポールスター」に違和感無く吊り下げられているのが、我が故郷・大阪であります(^_^)v



posted by twins at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

「おにぎり、温めますか?」

081215_1856~01.JPG「北海道の文化」として、すっかりおなじみになった、この台詞。
自宅最寄りのコンビニ(もちろん神奈川県内)で聞こうとは!


今日は大物原稿はさっぱり進まないのに、細々した用件はたくさんこなさなければいけない一日でした…(涙
ドタバタしていたので、夕食も昨日の残り+ご飯を炊くのが面倒くさいので、コンビニのおにぎりにしてしまいました(^^;)

その「買い出し」の時。聞いてしまいました、この台詞!
思わず、バイトの兄ちゃんに「道産子?」て尋ねそうになりました(笑)

そうか。北海道文化も関西文化と同じく、首都圏侵略を狙ってるんか。
そうに違いない!!!(笑)



posted by twins at 23:41| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

「うん、何?」見てきました

081213_2314~01.JPG公開前日には、張り切っていたのに、結局、体調崩して見に行けなかった、映画「うん、何?」の東京での上映。
今日、やっと行ってきました。
1回目の上映の後、錦織監督、宮崎美子さん、甲本雅裕さん、中村麻美さん、黄川田将也さんの舞台挨拶があるという理由で、今日だったのですが…(^^;)


この映画を見るのは、松江に続いて2回目。
僕は、島根県雲南市木次にルーツを持つ“出雲民族”なので(笑)
その分、思い入れがあるので、割り引かなければいけないのですが…
やっぱり、泣けました。

画面いっぱいに、出雲の美しい風景が満ちあふれています。
でも、今日、思ったのは、これは出雲人の「心」が写された映画じゃないかなあ…と。

他の地方の方々には、珍しい出雲の風俗が目に付くかもしれません。
しかし僕などから見れば、それは淡々とした、ありふれた日常なんです。
本当に美しいものは、どこの土地でも、そこに生きる人々のふだんの暮らしの中にあるものだと、強く感じました。
そして、それは。僕が旅先でしばしば感じることと、同じ感想でした。。。


客席も満杯で、次の回の上映にも長い列ができていました。
11/29から4週間の予定だったのですが、1月まで上映延長になりそう…との、話も耳にしました。
評判も上々のようで、嬉しい限りです。


「うん、何?」公式HP
上映館:シアター・イメージフォーラムHP



posted by twins at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

平原綾香「Path of Independence」

081212_2127~01.JPGどこからともなく(笑)
「12月上旬発売」との情報を聞いていたので、今日、所用で出掛けたついでに買ってきました。
“LP”を知っている世代です。
「楽曲をダウンロード」というもんには、馴染めません。。。(^^;)

溝の口の歌姫(←勝手に命名・正確には渡辺真知子に続く2代目・笑)、平原綾香の7枚目(うち1枚はベスト版)のアルバム。
今、背後で流れていますが、さて、心に響く曲はありますでしょうか。。。
ここまで聴いたところでは、アップテンポの軽快な曲が多いかなあ…僕は、彼女の朗々たるバラードが好きなんですけど。

ところで、これを買った店。
前は確か「ヴァージン・メガストア」だったと思うのですが…、今日、行ってみると、いつの間にか「TSUTAYA」に変わっていました。
そういう動きを全然、知らなかったので、びっくり…(^^;)



posted by twins at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

「阪神タイガースファン名言珍言集」

081207_2115~01.JPG相変わらず、日曜日はネタがありません…(^^;)
ということで? 最近、いちばん感銘を受けた本をご紹介しておきましょう。

阪神タイガースこそ人生と感じていらっしゃる、阪神ファンの皆様。
泣けます。魂を共有できます。共感の涙で、だだ泣きできます。
新幹線の中で読んで、ちと恥ずかしい思いをしました(^^;;;;;
1000円は安いです。

で、他のチームのファンの皆様は、笑えます(笑)
巨人ファンの皆様。刺激が強すぎます。心臓に悪いので、お勧めできません(大笑)

珍しく?amazonへのリンクを張っておきます



ところで………
posted by twins at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

アニメのまち練馬区

081205_1819~01.JPG081205_1818~01.JPGだそうです(笑)


今日、有楽町線に乗ったら、西武から乗り入れてきた「アニメのまち練馬区」のラッピング電車に当たりました。
「練馬はアニメ発祥の地で、最大の集積地」ということで、練馬区はアニメで売っていくようです。
上井草や井荻を擁する隣の杉並区が何か言ってこないかと、よそ者ながら心配なのですが(笑)

しかし、プリキュア(←こないだ実家で、姪っ子につき合わされて見た)なぞをラッピングした電車とか、ガンダムの銅像とか。
練馬区や西武鉄道そのものがアニメ化しとるような気も…(笑)

せやったら、西武時計坂駅前に響子さんの銅像を!



posted by twins at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「うん、何?」明日、東京で公開

081128_2232~01.JPG081128_1758~01.JPG松江で、全国初公開された時は、嬉しくて、わざわざ見に行った、我が第2の故郷、島根県雲南市を舞台とする映画「うん、何?」が、明日、いよいよ東京で公開されます!

「うん、何?」公式HP

映画館は、渋谷にあるシアター・イメージフォーラム
この館に評価されたというのは、けっこう凄いと思います。
今日、所用の帰りに前売り券を買ってきました。
明日、初日に見に行きます(客の入りが心配とも言う)。

島根発の、とにかく美しい映画です。穏やかです。
滅茶苦茶な大事件が起こるわけではないのですが、涙なしでは見られません。
心がささくれ立っているようなら、ぜひ見てください。

特に、ブログを通じておつき合いがあり、関東在住で映画が大好きなあなたと、あなたと、あなた!(誰?・笑)
ぜひ!



posted by twins at 22:49| Comment(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

クイズです(笑)

080922_1159~01.JPG今日の僕のお昼ご飯です。
洋風居酒屋のランチで、サーロインステーキ、ビフカツ、海老フライ(2本)に、ライスと味噌汁が付きます。
店の場所は、新大阪駅の中。


さて、この「大阪の昼メシ」、おいくらでしょうか?


正解者は、大阪食い倒れツアーにご招待!
ただし交通費、宿泊費、食費は自腹でよろしく♪ということで(笑)




posted by twins at 14:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

世田谷文学館「宮脇俊三と鉄道紀行展」

080910_1411~01.JPG080910_1410~01.JPG今日、ちょっと時間ができたので、世田谷文学館へ行ってきました。
最寄り駅は京王の芦花公園。

お目当ては、タイトルの展覧会です。
「2ヶ月ぐらいやってるから、そのうち行こうっと♪」などと思っていたら、いつの間にか?終了が9月15日に迫っていて、あわてました(^^;)


宮脇俊三さんは、中学生の時「時刻表2万キロ」に出会って以来、大ファンになり、新刊書はほぼ全て買ったという憧れの存在。
“鉄道についての物書き”となってしまった今では、大大先輩。
僕みたいな100円ライター(笑)にとっては、雲の上の存在。神様です。

今回は「没後5年企画」ということでしたが…ああ、もう5年も経ってしまったんですね…
ご生前に、一度はお目にかかりたかったお方です。


約1時間半。
じっくり。展示品の全てを見ました。

そして、思いました。
「あ…これから、某誌の紀行文、書かなあかんのやった…」
行ったタイミングが悪かったです(←グズグズしてたのが一番、悪い
きっと、書き上がったとしても、宮脇さんとは月とスッポンの駄文書きの僕のこと。
とてもじゃないけど、敵うはずがない。お恥ずかしい代物になるに決まってる…

タダでさえ進まない筆が、ますます重くなりそう(^^;;;;;;;;;;



posted by twins at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

電子レンジでは加熱不可!!!

080523_1311~01.JPGお昼ごはんに食べようと思った、某レトルト食品にあった注意書きに思わず反応(笑)



電子レンジでは加熱しないでください。
電子レンジで加熱すると「うずら卵」が割れて飛び散る場合があります。

「探偵!ナイトスクープ」のファンの皆さん、笑うところです!(笑)



posted by twins at 13:17| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

松江サティ東宝

080517_0940~01.JPG「スーパーいらち」炸裂!(笑)
または、客の入りが気になって、とも言いますが(^^;)

「うん、何?」初回上映の1時間前に、この映画館に来てしまいました。

映画「うん、何?」公式HP


あ、今日はバスには乗り遅れませんでしたよ(笑)


●湯村温泉 7:34→木次駅前 7:59 雲南市民バス
●木次 8:09→宍道 8:44
●宍道 9:00→松江 9:19



posted by twins at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

映画「うん、何?」明日公開

錦織良成監督の「しまね三部作」。「白い船」に続く第二作。
タイトルの通り、我が第二の故郷・雲南市が舞台です。
明日17日から、松江と益田で劇場公開が始まります(順次、全国で公開)。


実は、3月末に法事で来たばかりなのに、また出雲へやってきた最初のきっかけはこれ。
「せやったら…」と、後になって「たたら」が付いてきました(^^;)

ふとしたことから知って、プロデューサーの方に会ったりして、ずっとひそかに?応援してきた映画であります。
なもんで「じゃあ、公開初日に松江で見よう!」と、勝手に一人で盛り上がって、ノコノコやって来てしまいました。


明日は第一回の上映を狙って、松江の劇場へ行きます。


●絲原記念館前13:56→横田駅前14:15 奥出雲交通
●出雲横田16:06→木次16:52 木次線普通
●木次駅前17:23→湯村温泉17:42 雲南市民バス



posted by twins at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

「くいだおれ」が閉店

くいだおれ■「くいだおれ人形」の食堂が7月8日に閉店へ

あれま。。。と、思ってしまったニュースです。


「くいだおれ人形」を知らない大阪人はいません。
「くいだおれ」でメシを食った大阪人もいません(笑)


と、笑いを取るネタにされていた「くいだおれ」。
いわゆる「食堂ビル」で、レストランから居酒屋から、なんでもありの店でした。
その分、食い意地が張った大阪人には、「メシ屋」として認められていない部分があり、「お上りさん専用」と見られていたように思います。。。(笑)

くいだおれ -wikipedia-


まあ、人形の行く末も気になりますが。
今度、大阪へ帰ったら、一度、メシを食いに行ってみますか。
これまでに、行ったことあるかって?
あるわけないでしょ(笑)


posted by twins at 22:26| Comment(12) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

「auの庭で」…

080317_1008~01.JPG家族と、
もっと、
シャベる。


………


「これは“スコップ”や〜〜〜〜!!!!」
関西人の総ツッコミが聞こえてまいります(笑)



posted by twins at 10:19| Comment(13) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

目立ったもん勝ち

080126_1014~01.JPG電照式の広告枠から、わざとはみ出させた駅広告@御堂筋線梅田駅

アイデアやねえ。
注目を集めるちゅう意図としては大成功で、僕みたいなブロガーが記事にしたりしとります(^^;)


こういう自由な発想に故郷・大阪を感じつつ(笑)
今日もお仕事であります。



posted by twins at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

東京のあちこちで「西大寺」

080107_1929~01.JPG080107_1540~01.JPG首都圏へ戻ってきて、“社会復帰”(笑)すべく午後からは所用で都内へ。
丘の上駅で電車を待っていたら、「TOQ-BOX号」がやってきました。
すべての車内広告を1社で独占、統一している編成です。
PR効果が大きいので、クライアントには人気とか。

で、今のクライアントはJR東海。
そして、何をPRしていたかというと平城遷都1300年と「西大寺」(東大寺にあらず)でした。

電車内の広告全て、西大寺(も一度言うけど、東大寺にあらず)。
子供の頃から「西大寺とは即ち、近鉄の駅」という認識の関西人にとっては、何だか虚を突かれたというか、物凄いものを見たような感じです(笑)


もちろん近鉄の駅のPRなわけがなく、お寺の西大寺です。
「幻の大寺」。
西大寺(くどいけど、東大寺にあらず)は確かにそうです。
東大寺と西大寺、平城京で対になっていたお寺です。

しかし今や、その知名度において雲泥の差があります。
だって東大寺には奈良の大仏があるしさあ(笑)
下手すると、近くの秋篠寺の方が西大寺より有名かもしれません。


それが、東京駅を通りかかると八重洲側のコンコースの柱にも西大寺のポスターだらけ。
確かに、見るべきものが多く平城京に縁りが深いお寺ではありますが、何ゆえ西大寺(しつこいようだけど、東大寺にあらず)なんでしょうか?

今の東京のこの有り様を、「奈良、時々京都」のtwinmountさんがご覧になったら、何とおっしゃるか。
伺ってみたいです(笑)

※「奈良、時々京都」の西大寺関連の記事はこちら


西大寺(Wikipedia)




posted by twins at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

カレーに玉子ポン!

071106_1938~01.JPG忙しいです…と、昨日と同じ書き出し(^^;)

こういうときは現実逃避に走り(笑)、夕食にナスとシーフードのカレーを作りました。
ナスはインド原産なので? カレーとは相性がいいのです(←豆知識

んで、出来上がって、玉子があったのでポン!と割って…




えっと〜




これって、関西だけですか?
いえ、以前、どこぞのブログで北海道の人から「変!」と言われてショックを受けたので…(^^;)

皆様、いかがでしょうか?
カレーに玉子ポン! 「YES」か「NO」か?
ご出身地、もしくは食生活にいちばん大きな影響を与えた土地をご明記の上(笑)
コメント頂戴できれば幸いですm(_ _)m



posted by twins at 20:29| Comment(28) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

アンジェラ・アキ「TODAY」

071026_1531~01.JPG買ってしまいました。アンジェラ・アキの最新アルバム。
ま、はっきし言って、ねこくまさんの悪影響(笑)なんですが。

今、背後に流しながら、キーボードに向かい。
一緒になって歌うとります(^^;)
「たしかに〜♪」



せやけど………
posted by twins at 15:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

大阪人のプライド?

071017_1814~01.JPG「働きマン」に変身中のtwinsです。
嘘です。「働かされマン」です…(^^;)

疲れてくると、食べたくなるのは故郷の味…
「ソウルフード」ってやつですな。
もちろん、粉モンってことになるんですが…

お好み焼きと比べて、たこ焼きは作るのがちと面倒。
そもそもたこ焼きは、そのへんの屋台に毛が生えた程度の、小汚いちっちゃーな店で(笑)
おばちゃんがくるくる焼いてるのを食べるもんです。


けど、関東ではそんなことは望むべくもなく(T.T)
かといって、スーパーやコンビニでパック入りで売ってる奴は食べたくありません。
それが大阪人の「プライド」って奴です。



ところが………
posted by twins at 19:48| Comment(18) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

もみじの天ぷら

071012_2024~01.JPG071012_2022~01.JPG昨日、Suicaを駆使して(笑)
大学の後輩むーさん(←箕面出身)に頼んでおいた箕面名物「もみじの天ぷら」を受け取りました。
まずは、今日の夕食後のおやつに。

この時期、大阪人はこれがないと始まりません(笑)



何せ………
posted by twins at 20:39| Comment(16) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

優勝記念セール@7-11

071003_1341~01.JPGおにぎりが1個100円だそうです。謙虚ですねえ。
優勝記念セールなら、全品半額!とかいうのがフツーだと思いますけど(笑)

要するに、世間が一番、盛り上がらない球団が勝っちまった、ということでしょう。
フランチャイズタウンであっても、テレビ中継すら、してもらえないんですからねえ。

1日も早く「文京区の球団」として生きる決意をしていただきたいものです(笑)


さて、写真はわが家最寄りコンビニです。
僕は大変、心が広いので(笑)
「こんなことやってるから、買うたらへん!」とか一切思いませんでしたけど。
「おにぎり全部買い占めたったら、セールでけへんようになんなあ…」とか、黒いことを考えておりました(笑)



posted by twins at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

「551蓬莱」ゲット

071001_1635~01.JPGバスの車内に美味そうな匂いをまき散らしております(^_^)v
一部は、関東人の皆さん(クライアントとも言う)へ、差し入れ(布教活動とも言う・笑)であります。



posted by twins at 16:39| Comment(14) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「551蓬莱」求めて

071001_1554~01.JPG今、渋谷では、吉例「大・大阪博覧会」が開催中。
ということで、豚まんを買うべく、東急東横店8階で並んでおります。

あと、10分ほどの我慢でしょうか。
いつも言ってはおりますが。
「梅田なら10秒で買えるのに…」(笑)



posted by twins at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

「ホームタウン・ブルー」

070925_1246~01.JPGたぶん、そんな言葉はない思うけど…(今、作った)

勝手知ったる故郷大阪。
しんどなったんで、タク「シー」に乗って、写真の駅へ。





どう発音していいか分からない。
確か、みなみ「もり」まち、やった思うんやけど…

結局、運転士さんには標準語発音で。
思いっきし、ブルーです。


大阪弁を忘れてきたある、自分…
あ、「自分」は二人称やった。。。(〃_ _)σ‖



posted by twins at 12:51| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

「出没!アド街ック天国」

070310_2100~01.JPGふだんは見ていないのですが。
今日の特集が、地元「溝の口」とのことで、21時はテレビ前にスタンバイ。
もちろん、寝転がって。正座はしてませんよ(笑)

でもって、1時間じーーーーーーっ………


「アド街」HPより、今回のオンエア



そして、思ったこと。。。
posted by twins at 23:16| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

「めぞん一刻」のロケに参加♪

061220_1904~001.jpgえー、昨日の“メインイベント”とは、タイトルの通りのことでした(^^;)
テレビ朝日系列で、来春放送予定のテレビドラマ「めぞん一刻」のロケに、エキストラとして参加してきました。
公式HP上でエキストラ募集をやっていたので、何気なく応募してみたら、なんと選ばれてしまいました(笑)
仕事仕事と騒ぎ、旅にも出られず、豆腐食ってばかりの毎日じゃ、つまらないですからね…と言い訳して。

「めぞん一刻」公式HP

写真は記念品のテレ朝グッズ。
現場の写真はナシです。そんな物見遊山気分でおられる場所じゃありませんよ、ロケ現場って。

とはいえ。
けっこう楽しんできました。
ほんの2mぐらい先に「生」伊東美咲がいたりして(笑)

久しぶりの“創造”の現場の雰囲気は、良かったなあ。
テレビドラマにしろ、出版物にしろ。
何かを創り出すことは大好きです。性に合っているんですね。

ネタバレにならないように気をつけて(笑)、昨日の様子をお伝えします。



さて……………
posted by twins at 19:49| Comment(16) | TrackBack(1) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

喰うてかへんか?

061219_1247~001.jpg@東京都世田谷区三軒茶屋なんですけど…(笑)
東京の関西化もここまで進みましたか(笑)



posted by twins at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

神田司町の番地

神田司町.jpg今日午後、神田神保町で買い物をした後、秋葉原まで歩いて行こうとした時のこと。

途中、そういえば、この辺りに大阪時代からの先輩ライターが事務所を構えていたなあ…と思い出し、寄ってみることにしました。
住所は、千代田区神田司町(つかさちょう)。
バブル時代の地上げを乗り越え、“昭和の雰囲気”が残る一角ですが、足を踏み入れてみて、昔、初めてここへ来た時の「悪夢(笑)」を思い出しました。


というのも…
posted by twins at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

水道橋駅の発車メロディ

さて、今年の7月に、こんな記事を書いて、不快感を露わにした訳ですが(笑)

今日の新聞を読んでいたら、なんと。
「闘魂こめて」とか何とかいう曲が、引き続き水道橋駅の発車メロディに使われることになったそう。
本来、シーズンが終わる10月いっぱいまでの予定が、地元の要望とやらで。

おかげで、もう11月というのに不快指数500%です(笑)


記事によると…
posted by twins at 17:20| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

文化功労者

今日、夕刊を見たら、今年の文化勲章、文化功労者が発表されていました。
文化勲章では瀬戸内寂聴、吉田秀和両氏。文化功労者では高倉健氏の受賞が話題のようで見出しにもなっていましたが…

文化功労者の面々を眺めていると、あれま。
僕の恩師の名前が、一番最後に出ているではありませんか。
最後なのは、あいうえお順のせいですけど…(笑)

読売新聞の記事(Yahoo!ニュース)

別に隠すことではありませんので言いますが、山崎正和先生です。
昔、大阪大学文学部美学科演劇学専攻で、さんざん山崎先生の手を焼かせた、ボンクラ学生のなれの果てが、今の僕です(^^;)

へえー、と思いつつ。
まだ貰ってなかったの? という気も多少。
受賞者の面々の「年齢」を見てみると、最年少の人で64歳。大半は70歳、80歳代…
「もう10年、早くあげればいいのに」と思うことしきりです。

なお、文化功労者には終身年金350万円/年が支給されるそう。
いい機会ですから、美味しいモノでも奢ってもらいに行きましょうか(笑)
「君なんか、とっくの昔に“破門”だよ」と言われそうで怖いですけど…(笑)

posted by twins at 18:47| Comment(4) | TrackBack(1) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

好況時のデザイン?

061010_0958~001.jpg所用に向かう途中、東京メトロ有楽町線の最新鋭車10000系に初めて乗り合わせました。

地下鉄に間接照明はちと暗いな、とは思いましたが、デザイン自体には温もりを感じました。
前面は写真で見た以上に“丸い”感じ。

そういえば、「不況の時は角張ったデザイン、好況の時は丸いデザインが流行する」とは、よく聞きます。
とすると、今は景気はいいのか?

原稿料というものは、いきなりポンとは上がったりはしないので。
さっぱり好況は実感できないフリーライターです…(/_;)



posted by twins at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

茶色い「マクド」

061007_1543~001.jpg061007_1514~001.jpg何とはなしに“京都”を感じるアイテムの一つ。

今日は、観光客がてんこ盛りの古都で、所用をこなした1日でした。



posted by twins at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

渋谷は大阪や〜!!

060929_1705~002.jpg060929_1705~001.jpg現在、渋谷は大阪市渋谷区になったあるさかい、堪忍したってや〜(笑)

東急百貨店東横店などで「第2回大・大阪博覧会」開催中(〜10月3日まで)
僕も野生化しております(^^;)

今、「551蓬莱」の豚まんに並んでおります。
30分待ちも何のその。
東京で出来立てが食べられるんやったら、ものの数ちゃいます(笑)



posted by twins at 17:20| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

イノシシ注意!

060923_1221~001.jpg阪急芦屋川駅前にて。

車道に面して立っているので、苦しい角度でしか写真が撮れませんでしたが、「動物にご注意してください」という、警察署の立て看板です。

この辺りの六甲山麓。
イノシシが駅前にまで出てくるのは日常茶飯事で、車にぶつかる他、ゴミを漁ったり、人に突っかかって怪我人が出たりしています。

それだけ、山に近いところに住宅街が広がっている訳で、住民なら慣れているでしょうけど。
よそから来た人にとっては「ギョッとする」ことのようです。



posted by twins at 14:05| Comment(10) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

うどんにご飯

060905_1454~001.jpg関西では当たり前のこの取り合わせも、東京で出会うとつい、ニヤリとしてしまいます。

親愛なる関西の同志諸君。
東京の関西化計画の陰謀は、着々と進行中やで〜。ふはははははっ(笑)

今日の夕方。
あまり食欲の無いまま入った、某駅構内の立ち食いソバ屋にて。
ちょっと嬉しくなって元気回復して、頼んだ冷やしうどんとネギトロ丼のセット500円也。

しかし、セルフの窓口でいきなり「ソバですかっ?」と威勢よく聞かれるところが、まだ東京でした(笑)



posted by twins at 23:15| Comment(14) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

氏家のニラ

060823_1719~001.jpg何だか、ニラばかり買って食べているようですけど(^^;)

栃木県内の東北本線に「氏家」という駅があります。
降りたことはありませんが、何度か鈍行列車で通りかかりました。

名産品というほどではないのかもしれませんが、「うじいえのにら」と銘打ったニラがスーパーで売られていましたので、つい手が出ました。
氏家と聞けば、那須山麓にも近い、伸びやかな土地柄が僕には思い浮かびます。
きっと、ニラをはじめ野菜の栽培が盛んなのでしょう。



ところがですね…
posted by twins at 20:06| Comment(8) | TrackBack(1) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

あ〜あ〜栄冠は〜

060818_1452~001.jpg060818_1452~002.jpg君に輝く〜!

日頃は「トラ・トラ・タイガース」な(笑)阪神梅田駅も、この季節は高校野球一色。
駅長室前には、手書きの速報が張り出されています。
これは、昔も今も変わらない風景です。

日大山形が惜しくも逆転負け、と伝えられていました。



posted by twins at 19:07| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

「めぞん一刻」TVドラマ化決定


050126_2309~001.jpg去年から断片的な情報が流れていましたが、今日、「めぞん一刻」のテレビドラマ化が正式に発表されました。

サンケイスポーツの記事

放送は来年の春。
テレビ朝日系列のスペシャルドラマで、以後、シリーズ化の予定。
音無響子役は伊東美咲。
五代裕作役は、一般公募とのことです。

僕は原作(コミックス)と、テレビとは別の表現手法と考えていますので、“原作のコピー”ではなく、あくまで「テレビドラマとして優れた作品」を創ってほしいと思っています。
DVDレコーダーを買おうかな…という気にちょっとだけなりました(笑)



posted by twins at 19:28| Comment(12) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

嗚呼、故郷…(爆笑

060727_1540~001.jpg電車の中。
立っていた、幼稚園ぐらいの男の子が、カーブでよろけました。

母親「足、広げたら、こけへんで」
子供(前後に足を広げる)
母親(プッと吹き出し、無言でバシッ!)
子供「キャハハハハ…」

昼下がりの、平和な阪急電車の車内風景…(笑)



posted by twins at 16:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ウナ〜(笑)

060726_1344~001.jpg今日、心斎橋で発見。
車道と歩道を区切るための標識灯かな?
地面にたくさん並んでいました。夜になると上が光るのか。

こないだは「土用の丑の日」でした。
ということで、何とウナギのマーク付きです!
∈(゚◎゚)∋ウナー



…んな、わきゃない(笑)
posted by twins at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

今日は「天神祭」

060725_1844~001.jpg大阪最大のお祭りの日に、故郷にいたのは何年ぶりでしょうか。
相変わらず人出はもの凄く、JR大阪駅の大阪環状線ホームは入場制限をしていました(写真)。

僕は、人混みも暑いのも嫌いですので、実は「船渡御」とかは見たことありません(^^;)
いつも遠くから花火を見ていただけの、大阪人にあるまじき者です
(^^;;;;;;;;;)
だって、テレビで生中継とかしていますし…(笑)



posted by twins at 19:04| Comment(8) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「阿房列車」残照

百鬼園先生寓居跡.jpg大げさなタイトルを付けてしまいましたが。
この投稿がちょうど800回目ということで、それにふさわしく?
われわれの大先達ゆかりの地を、今日、訪ねてみました。
まあ、近くの某社で打ち合わせがあったから、ついでに…とも言いますが(笑)

場所はこちら

百鬼園先生こと、内田百間(うちだ・ひゃっけん/1889〜1971)が住まっていた、写真の番町(現・千代田区六番町)です。
 ※「間」の字は、正しくは「門」に「月」

夏目漱石門下にして随筆の達人、内田百間は何より無類の汽車好き。
昭和30年前後には珠玉の名作「阿房列車」シリーズを物にし、「用事の無い旅が一番楽しい」と喝破され、われわれに道を指し示して下された大先生であります。
僕も、秘かに“人生の師”と仰いでおります。
 ※本当は仰いではいけません。先生は「借金の名手」でもあられました(笑)

ちなみに、命日は明日、4月20日です。


さて…
posted by twins at 19:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

開業記念ネクタイ

060408_2213~001.jpg今日は、とある鉄道写真の展覧会へ行ったのち。
レールファンが集まる飲み会へお誘いを受け、お邪魔してきました。

展覧会でも、飲み会でも受けた(大阪人的につかみはOK!・笑)のが今日、締めていったネクタイ。
先月27日の開業日に乗りに行った「けいはんな線」の開業記念ネクタイです。

アーバンライナー・ネクスト、さくらライナー、3200系、そしてけいはんな線用7000系のイラストが散りばめられた、なかなかネクタイとしてもお洒落なものです。
1300円でしたので、生駒駅で「即買い」でした。


日本では…
posted by twins at 23:08| Comment(6) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

結果発表!!!「桜餅はどっち?」

アンケート企画・桜餅はどっち?では、皆様、ご協力ありがとうございました!!!

結果発表です。

※3/19に投稿しましたが、旅行記に埋もれてしまいましたので、3/23に、しばらくトップにくるようにしました。


結果はこちら!
posted by twins at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

あとは、くぎ煮を入れるだけ

060327_1421~001.jpg兵庫人という人々は「いかなごのくぎ煮」を食さないと、春が来た気がしないそうです。
大阪人には、全くピンときませんが…

郵便局でも「エクスパック」(500円)に、くぎ煮用の容器を付けて、やっぱり500円で売り出しています。
それでもピンと来ないものは、ピンときません(笑)

兵庫県の春の風物詩。
芦屋西山郵便局にて。

posted by twins at 14:52| Comment(12) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

アンケート企画・桜餅はどっち?(実施中!)

ご回答いただいた皆様。
僕の思いつきにおつき合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
コメントへのお返事は、集計後、まとめて書かせていただきます。

来週の日曜日までは、引き続き情報を募集いたしたく思います。

桜餅といえば…
・「丸形」「つぶつぶ」の「道明寺」か?
・「角形」「クレープ状」の「長命寺」か?

●●詳しくは、こちらのリンクから!●●

★ご回答いただいた方の中でご希望の方へ、抽選で1名様に、今月、僕が行く予定の出雲への旅のお土産を差し上げます。
ちなみに具体的にはまだ考えていませんが。
そんなに高価なモノでないことは、確かです(笑)

posted by twins at 23:59| ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

アンケート企画・桜餅はどっち?

caeruleaさんのBlogこの記事を見て。

「桜餅」といえば、皆さんどちらを思い浮かべるのだろうかと。
ふつふつと疑問が湧いてきました。

domyoji僕は関西人ですので、この「道明寺」と呼ばれるものが「桜餅」と信じて(笑)、大きくなりました。
つぶつぶのようなものは「道明寺粉」。それでこしあんをくるんでいます。




chomeijiところが、関東ではこちらが主流とか。
「長命寺」と呼ばれているそうです。今回初めて知りました。






そこで、アンケートです。
・「桜餅」と言えば「道明寺」「長命寺」、どちらを思い浮かべますか?
・餅をくるんでいる桜の葉はいっしょに食べますか? 取ってしまいますか?
・あなたのご出身地、もしくは味覚に大きな影響を与えた都道府県

以上を、コメント欄にお書き下さい。
全国的な分布図を作れるぐらいのご回答が集まることを期待しております。
あなたのひと声が、あなたの故郷を代表する声になるかも(笑)


ただ、アンケートを書いていただくだけでは、申し訳ないので…
posted by twins at 17:07| Comment(24) | TrackBack(1) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

「天かす」

060215_1749~001.jpg今日、神戸空港が開港しました。
「ポートライナー」も延伸開業していますので、いずれは行きますが。
本日のところは、いっこうに仕事がはかどらず疲れ気味状態なので、どこの世界の話やら…というところ。

気分転換に買い物に出かけたら、近所のスーパーで写真の「天かす」を見つけました。
関東では「揚げ玉」と呼ばれているはずなので、関西のメーカーが進出したのかと、製造所の住所を見れば東京都葛飾区。
「???」なのですけど、お好み焼きに乗せるには「天かす」でないと気分が出ません(笑)ので、お買い上げとなりました。

posted by twins at 17:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

気に入った広告戦略


051118_1352~001.jpg携帯で撮った写真で失敗してしまいましたが…

永田町のみなさん
永田町の「常識」以外にも
モノの見方はあります

という文言です。

11月17日に創刊された雑誌「クーリエ・ジャポン」の広告です。
こうした挑発的?なセリフを何枚ものボードに記し。
地下鉄駅の長大エスカレーター沿いに掲げていました。

どの駅かって? もちろん「永田町駅」に決まっています。

講談社のポータルサイト「MouRa」から「クーリエ・ジャポン」について

posted by twins at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ●文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。