2013年03月21日

鉄道ジャーナル(RJ)2013年5月号

RJ1305えーと。今月は何かと大変です…
取りあえず、「鉄道ジャーナル」の最新号が今日、発売になっておりますので、ご紹介しておきます。

今回の記事のタイトルは、「港から港へ歴史を渡り歩いたJR九州乗り継ぎ それでも彩り豊かな西九州へ」。

やたら食事には恵まれた(笑)門司港〜長崎間取材の時の記事です。
ゲラを見て気がついたのですが、助川カメラマンの写真に僕、ぼんやり亡霊みたいに写ってます…言わなきゃわからないレベルですけど(笑)

今号は特集テーマが「JR北海道とJR九州」なので、取材陣も「北組」と「南組」に分かれたのですが、僕は「南組」でよかった。
2月の取材だけに、「北組」は雪と氷と寒さとの闘いだったそうです(笑)


★鉄道ジャーナル公式サイト





この記事へのコメント
仕事仕事で忙殺の日々で、一方でポコッと出来た休日の日々に旅とか…買ってたのに読む暇がありませんでした。
明日から数日間、実家に帰省です。移動新幹線内&実家でゴロゴロな時間内に楽しまさせていただきます。

あと、楽しい列車だけでなく過去の駅弁記事に関して。
さすがの識者がそろっての選定だけに納得の内容ですが、厚岸の『かきめし』は最高ですよね♪
数えてみたら東西合計20個のうち、11個は食べてました(笑)。

で、宮島口のあなごめし弁当、これまで長時間待ちで断念してきましたが、明日からの帰省で入手にチャレンジしてみようかと思います。




Posted by 中林20系 at 2013年03月25日 21:08
★★★中林20系さん
いつもありがとうございます。

僕は、厚岸のかきめしを東日本の1位に推しました。
何回も食べてますし、お店でも取材したことありますし。

でも、実は宮島口のあなごめし弁当は食べたことないんですよ…
食べたことがない駅弁はベスト10に入れなかったら、かなり僕のランキングと違う結果が出ました(^_^;)
Posted by twins at 2013年03月28日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。