2012年10月31日

「レ・ミゼラブル」

レミゼ.jpgいつも、仕事中はインストゥルメンタル専門のインターネットラジオを聴いているのですが、こないだ、そこから流れてきたんですよねえ…「レ・ミゼラブル」の「On My Own」が。

それで、ついスイッチが入ってしまい(?)、アマゾンで買っちゃいました。
ロンドンでの、オリジナルキャストによる盤です。

なぜって?
僕は演劇の世界の人間ですよ。もともと。
好きなミュージカルを1つ選べって言われたら、「レ・ミゼラブル」に決まってます。
「オペラ座の怪人」や「キャッツ」も、はるかに及ばないです。

あ、もちろん、日本語での上演なぞ、論外ですよ(笑)
英語で浄瑠璃を語れないのと、一緒です。
本田美奈子、最大の不運は、若くして亡くなったことではなく、欧米語圏に生まれなかったことだと、真剣に思っています…


僕は、1995年の11月限りで当時の勤め先を辞め、12月はほとんどヨーロッパで過ごしていました。
そのうち1週間はロンドンに居座って、芝居やミュージカルを見まくっていました。
6日間で11本見ました…(^_^;)

うち1本が「レ・ミゼラブル」でした。
その感激は、たぶん一生、言葉では語れないでしょう(演劇ライターじゃなくてよかった…)

もちろん?サウンドトラックも劇場の売店で買い、持ち帰って、すり切れるほど(CDだけどw)聴きました。
ところがある時、とある事情で他のかなりの枚数のCDとともに、紛失してしまったのです…

ロンドンで買ったものなので、日本では手に入らないだろうなあ、と思ってました。
以後、「レ・ミゼ」なしで過ごしてきましたが、いい世の中になりました。
アマゾンで、輸入盤を扱ってくれていたのです。

約10年ぶりに手元にやってきたアルバムは、ジャケットのデザインが少し変わったように思いますが、iTuneに落として流してみると………
これです。この歌声なんですよ……………





posted by twins at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ●演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。