2012年07月05日

「新幹線と世界のライバル」

世界のライバル.jpg本日、JTBバプリッシングより「JTBの交通ムック」の1冊として発売になりました。
税込みで、1580円です。


僕が担当した章は…

「0系新幹線電車44年間の歩み」
「日本の新幹線車両」
「走り去った新幹線電車たち」
「高速列車の輸送力を比べる」
「旅客サービス徹底比較」

とまあ、たくさん(笑)
5月から6月上旬ぐらいにかけて、一所懸命、原稿を書いていました。

この本のコンセプトは、日本の新幹線と世界の高速鉄道の現状を紹介するとともに、登場の経緯や営業制度などのソフト面も含めて、多角的に比較していこうというものです。
技術的な側面とともに、「どうしてこの車両(高速鉄道)が誕生したのか?」という、社会的な側面にも重きが置かれています。


で、今日は、書かねばならない原稿もあるのに、お昼過ぎに地元・溝の口にある文教堂の本店へ。
3階の鉄道書コーナーに行ってみれば、ありましたありました。
店員さんに断って、並んでいる様子をiPadでパチりと記念(?)撮影。

平積みになっていましたが、すでに残り5冊ですよ?
隣りの「鉄道ジャーナル」(こちらもよろしく!)より、ずっと山が低くなっています。
出足好調じゃあ、ありませんか!?


皆様もぜひ。


「新幹線と世界のライバル」-JTBの交通ムック(Amazonへリンク)







この記事へのコメント
新幹線の本、売れているんですね。今度札幌の本屋さんをのぞいてみます。右側の鉄道ジャーナルは買いました。ところで全然関係ないんですけど、左側の大きい本は売れていないのか高く積み上げられていますね。
Posted by びゅんびゅん丸 at 2012年07月08日 12:20
★★★びゅんびゅん丸さん
僕が見た範囲の書店では、山がかなり低くなっていましたので、売れているのではないかと、甘く見ております(笑)
左側の大きな本を出している出版社にもお世話になっているので、とやかく言えません…(^_^;)
Posted by twins at 2012年07月08日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。