2012年03月11日

3月11日

さて、3月11日が来ました。
僕にとっては、長く感じた1年でした。

去年の今日は、翌日に迫った九州新幹線全線開業を取材するべく、九州にいました。
早めに仕事を片付けられたので、新横浜を朝9時49分発の「のぞみ23号」に乗り、博多へと向かってます。

博多到着が14時44分。定刻でした。
その2分後が、あの大地震の発生時刻です。
改札口を抜けた頃かなあ。

もちろん、福岡市では揺れを感じませんでした。
その日、鹿児島本線では人身事故の影響でダイヤが乱れており、11日が運転最終日となる「リレーつばめ」に乗って熊本に入ろうかというスケジュールも見直しが必要で、そちらの方に気を取られてました。

twitterを見て地震発生を知ったのは、15時少し前ぐらいだったかなあ…
自分自身の実感としては、あまりピンときませんでした。
いまだに、「本当に起こったことなのか」と、信じたくない気持ちもあります。



120112_0650~01.jpgあれから何回も被災地に入って、現地を見て、不通になっている鉄道の取材もしました。
まだまだ、復興への道のりは長いと感じています。

僕としては、強烈な体験として心に残っている1月17日と同じく、特に何もしません。
心静かに、いつもの通りの1日を過ごす日としたいです。

被災した八戸線(種市〜久慈間)・石巻線(石巻〜渡波間)・仙石線(陸中小野〜矢本間)の運転が再開される、今週の土曜日・3月17日は、さっそくこれらの線に乗りに行こうと思ってます。

「当たり前の日常」が戻ってくることが、いちばん大切だと思いますから。


※写真は三陸鉄道





posted by twins at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。