2010年03月17日

南部バス

100317_1304~01.jpgバスファンのみなさんは、こういうバスに萌えるのでしょうか?
確かに、ちょっと乗ってみたくなる、クラシカルなバスでした。

八戸駅前にて。





posted by twins at 13:13| Comment(8) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄で走っているような、古いバスですね。松山千春の映画「旅立ち」で出てきたようなバスですね。
そういえば、甲府に行ったときも「レトロバス」と表示があって、
美術館ゆきで走っていました
レトロバス、あちこちで増えていますね
Posted by びゅんびゅん丸 at 2010年03月17日 15:04
北上してますね〜
このまま北上し続けて、
また札駅にシロクマが現れるのかしら( ´艸`)プ

バス萌え〜ではないけれど、可愛らしい♪
車掌さん(でいいんですか?)
制服着た料金を受け取る女性が乗っていて欲しいです^^
Posted by かぁか at 2010年03月17日 16:12
まさに自分のバス好きの原点ともいうべきクルマですわ…
他のバスにはない、力強い独特な音を立てて走るのが特徴なんです^^

写真のバスのほぼ同型が東急バス川崎(営)に90年代中頃か終わり頃まで活躍していました。比較的近年まで溝の口界隈を走っていたんですよね〜
Posted by きゆろひ at 2010年03月17日 23:00
おぉ! バスファンではないけど、レトロ好きなので萌え〜だわ!

ボンネットバスもいいんだけど(小樽にはあった)
あそこまでのデザインだとちょっとわざとらしいというか、
「観光用」のニオイがする。

こういうバスのほうが「市民の足」として大活躍! っていう感じでイイですね〜。

なんとなく昔の札幌市営バスに似てる気がします。
Posted by ねこくま at 2010年03月18日 23:44
★★★びゅんびゅん丸さん
帰ってからちょっと調べてみましたが、80年代製で意外に新しいみたいです。
でもスタイルは、今やレトロですよね〜
各地の「レトロバス」は“レプリカ”が多いのですけど、これは長年ずっと路線バスで使われ続けたものです。
Posted by twins at 2010年03月19日 22:04
★★★かぁかさん
さすがに今回は津軽海峡を越えません(^^;)

ざんねんながら、これもワンマンバスです。
今、車掌が乗っているツーマンバスって残っているんでしょうかねえ。
Posted by twins at 2010年03月19日 22:07
★★★きゆろひさん
> まさに自分のバス好きの原点ともいうべきクルマですわ…
そうでしたか〜。確かに独特な感じのエンジン音でした。
カメラを向けていた人も見かけましたし、では、ぜひぜひ八戸まで行ってレポートを(笑)

僕が川崎に引っ越してきたのは1999年ですから、入れ違いに消えていたことになります。
溝の口で見てみたかったですねえ〜♪
Posted by twins at 2010年03月19日 22:11
★★★ねこくまさん
観光用のボンネットバスは、時にレプリカだったりしますからねえ。
特に装飾もなく、路線バスに使われ続けている「本物」は貴重です。
札幌にも、こういうタイプが走っていたのかなあ?
Posted by twins at 2010年03月19日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。