2009年02月10日

どよーんと凹む。。。

090210_1836~01.JPG写真は、今、撮ったばかりの仕事机風景。

先週の末から、大物原稿を書きーの、校正をしーので、我ながら一所懸命、働いてまいりまして。
さっき、荷物を丘の上郵便局へ出しに行って、一段落したのでありますが…


今日お昼過ぎ、自分が仕事をした雑誌が手許に来ました。
で、何気なくパラパラ見ていると…




何としたことか、自分が書いた記事に、かなり大きな「誤植」を見つけてしまいました。
南無三。
校正を見ていれば、すぐ気付くはずのミスなのですが。。。

こういう時、“事なかれ”で黙っていては、絶対にいけません。
すぐ編集部に電話をかけて、誤植発見を報告。
経緯&発生原因を、いろいろ自分でも調べてみました。

結局、僕の責任ではないことは分かりました。
けど、一緒に雑誌づくりをしているスタッフのミスです。
これはけっこう、凹みました。


僕の方ではどうしようもないので、後の対応は編集部にお任せですけど。
やはり、読者の方々には申し訳ないことをしてしまったと思っております。




posted by twins at 18:54| Comment(8) | ●ライター&編集者の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ううっ
誤植は凹みますよね・・・

でも、終わってしまったことは
仕方ないんです・・・
Posted by 快速オクティー【「鉄道脳」を鍛える!】 at 2009年02月11日 00:35
あぁ〜ん。゜(´Д`)゜。
そんなことも、あるんですね。

twinsさんの責任ではないとはいえ、悲しいですね(ノд-。)

とはいえ、オクティーさんもおっしゃるとおり
もう取り戻せない…

きんかん冷蔵庫に残ってないの?
元気出して^^
Posted by かぁか at 2009年02月11日 10:10
初版本なんかで時々「あ、間違ってる!」って思ったりすることあるんですが、
(実は昨日読んだ本にも…)
書いてる方の気持ちって考えたことなかったです。
ショックですよね、やっぱり。
そしてある意味チームプレー(?)なのにも驚きました。
今後はうまくいくことをお祈りしています。
Posted by tayutayu at 2009年02月11日 11:55
★★★快速オクティーさん
そ。終わってしまったことは、しょうがない!
…でも凹む。。。(笑)
Posted by twins at 2009年02月11日 22:02
★★★かぁかさん
そんなことも、あるんですよねえ…
ホント、この仕事には思わぬアクシデントが(凹)

ちなみに、キンカンはとっくの昔に全部食べてしまっておりました(笑)
Posted by twins at 2009年02月11日 22:06
★★★tayutayuさん
まあ、もちろんのこと、間違えないように間違えないように…って、注意しているつもりなんですけど、それでもやっぱり間違える。。。
見つけた瞬間「あ゛…」というもので、一瞬で凝固。

> そしてある意味チームプレー(?)なのにも驚きました。
雑誌でも単行本でも、編集者がいて、ライターがいて、カメラマンがいて、デザイナーがいて。んで印刷屋さんがある…という感じです。
Posted by twins at 2009年02月11日 22:12
しょうがないですよねー。
どうしてもあるものだし。
自分では細心の注意を払って、確認もしているものなんですけど、やっぱり自分が作ったものって、どうしても間違いを見つけにくいもので。
Posted by よーし at 2009年02月12日 09:23
★★★よーしさん
しょうがないですよねー…あとの対応は、しっかりしなければいけませんが。
今回はですね。僕も目を通した初校、再校では、ちゃんと正しいテキストデータが入っていたんですよ。
だから、もちろんOKでスルー。
ところが、印刷へ入稿する段になってデータがクラッシュしたそうで…あとは、お察しくださいませ(^^;)
Posted by twins at 2009年02月12日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。