2009年01月13日

「追憶の夜行列車II」

090113_2221~01.JPG「追憶の夜行列車II」 さよなら<銀河>
種村直樹著
SiGnal

去年の12月に刊行されていたのですけど、注文が遅れてしまい。
今日、ようやく届きました。

僕の“師匠”、種村直樹さんの最新の著書。
書き下ろし+「鉄道ジャーナル」のルポをまとめた本です。
まだ、これから読むところですけど…(^^;)


しかし、「追憶の…」というタイトルの通り、取り上げられている夜行列車のほとんどは、もう記憶の中でしか走っていません。

夜行列車はもう、不要な存在なのか?
大変、残念ではありますけど、廃止になってしまった多くの列車については「Yes」と答えるしかないでしょう。。。
けれども、非常に限られた旅客層とはいえ、夜行を“必要としている人がいる”ことは、忘れてほしくないものです。





posted by twins at 22:32| Comment(10) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シングル、ツイン、家族用、とベッドだけのホテルみたいにしても駄目かなぁ?
夜 布団の中で寝ている間に安心して移動出来るって お得な感じなんだけどなぁ。
夜行列車の旅・・・懐かしい思い出となりました(*_*)
Posted by こあら@携帯 at 2009年01月13日 23:16
急行『銀河』だけは残してて欲しかったんですが。関西でのオフ会等で遅くまで飲んで、そのまま『銀河』で就寝。翌朝は東京着後に一旦ウチに戻ってから仕事に出かけた経験がありました。
もっと乗っておけば…と、今にして思います。
Posted by 中林20系 at 2009年01月14日 15:10
夜行列車でも個室寝台のある列車は残してほしかったですね。一般の寝台車はフェリ−と違って、女性専用寝台がなくってちょと利用しずらかったです。あんまし魅力はなくって、北斗星とか個室寝台が満席のときは、他の交通機関を利用します。道内のみの発着する夜行列車はなくなってしまいましたけど、なくなる前に乗りましたけどガラガラでした。
利尻とか遊びに行くときも、夜行列車でなく都市間バスを利用してました。1人掛けシ−トですし、値段が安いのも魅力です。JRはめちゃ高い!っていう印象があります。もうちょっと夜行寝台列車の料金が下がれば利用するひと増えると思いますけど!
 やっと旅と鉄道を購入しました。鍋倉さまの記事はめちゃおもしろかったです。3丁目の夕日、見ましたけど、やっぱりちょっと変ですよね!!
Posted by びゅんびゅん丸 at 2009年01月14日 15:30
昔、京都から新潟まで行ったことがあります。
お金がなかったので寝台じゃなくて座席のところでしたけど。
皆でワイワイ言いながらお菓子食べて、修学旅行気分でした。
周りのおっちんに怒られながら。
でもすっごく楽しかった〜いい思い出です。
Posted by tayutayu at 2009年01月14日 17:31
子供のころ、田舎が北海道だったので、夜行に乗ったり、フェリーに乗ったりした記憶があります。夜のフェリーは、明けがたに着くんですけど、熱いお味噌汁が売られてて、それがすごく美味しかったのを憶えています。速いこと、便利なことも大事ですけど、懐かしいもの、ゆかしいものがなくなってしまうのは、寂しいですね。
Posted by みどり at 2009年01月14日 17:53
★★★こあらさん
「カシオペア」や「トワイライトエクスプレス」のような、観光用の列車は、これからも走り続けると思います。
ただ、昔ながらの列車は、残念ながら「時代遅れ」と世間から見なされてしまったようです。。。
Posted by twins at 2009年01月15日 20:05
★★★中林20系さん
僕も、年に何回かは「銀河」を必要としていたのですが、残念ながら、そのような人は少なかったようです。
早朝や深夜の「のぞみ」で十分と思われているみたいですね。
まあ、僕自身、実際、新幹線で用が足りているのですけど…
Posted by twins at 2009年01月15日 20:09
★★★びゅんびゅん丸さん
個室寝台は、確かに需要は高いです。
でも、ふつうの寝台車より定員が少ない(もちろん座席車よりずっと少ない)ので、高めの料金を設定しないと運営が難しいのです。
寝台車は人手もかかります。
なので、もちろん値下げは難しいところ。
「トクトクきっぷ」を発売して、利用を促進していた列車もありましたが、なかなか定価での利用にはつながらなかったようです。

安くすれば利用者は増えますが、その代わり、利用が定着しなければ、走れば走るほど赤字が増えるかもしれない。。。というジレンマがあるのです。
Posted by twins at 2009年01月15日 20:20
★★★tayutayuさん
急行「きたぐに」ですね。僕も何度も利用しています。

しかし、歳をとるにつれて、座席ではしんどくなってきまして…最近は、取材でない限り、座席夜行には縁がありません(^^;)
お金はなかったけど、体力はあった頃の思い出になってしまいました。
Posted by twins at 2009年01月15日 20:24
★★★みどりさん
北海道は新幹線が通じていませんし、かつては青函トンネルもありませんでしたから、夜行列車かフェリーのお世話になることが多かったのですね。
夜行明けの朝食は、印象深いものです。僕もホカホカの駅弁に出会ったことがありますよ(^_^)v

昔懐かしいものは、もちろん大切にしたいです。
でも、現代は現代で旅の楽しみはあるはずですから、それを探したいですね。
Posted by twins at 2009年01月15日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。