2008年11月14日

ひたちなか海浜鉄道

081114_1152~01.JPG081114_1200~01.JPG●勝田12:00→那珂湊12:14

職務を放棄して!?(嘘・もう取材も終わり)、浮気に走るであります(笑)

この鉄道は、茨城交通から転換されてから、初乗りとなります。
北海道から流れてきたディーゼルカーの、青いシートと木の床に萌えました(笑)






posted by twins at 13:19| Comment(6) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏の旅で乗りに行きました。キハ20系だし。
キハ20系は嬉しかったんですが、阿字ヶ浦駅の残骸はちょっと悲しかったです。
沿線の田んぼは刈り入れ済みでしょうね。サツマイモ畑はどうでしたか?
Posted by 中林20系 at 2008年11月14日 14:36
 お越しいただきありがとうございます。
 もしかして、那珂湊駅前日の出屋食堂でランチされていましたか?
 説明が舌ったらずだったかもしれません。
 平日は、新型車両(3両)と旧車両(5両)からそれぞれ1両づつ運行に入ります。旧型のうち2両が新型と同じカラー、あと3両が旧国鉄色です。今日の旧型は新型と同じカラーでした。
 今度の日曜日には、2両連結で走ります。よければお越しを。
(吉田)
Posted by ひたちなか海浜鉄道 at 2008年11月14日 15:19
あ!そうなんだ!!!
北海道で使ってた車両なんだ〜

青いシート・木の床…
懐かしい〜そういえば、最近みないな…
Posted by かぁか at 2008年11月14日 18:27
★★★中林20系さん
茨城交通から転換されたので、できるだけ早く乗りに行きたいとは思っていたのですが、割と近いので、ついつい先延ばしにしていました(^^;)
阿字ヶ浦駅の廃車ディーゼルカーはそのままでした。
何か、活用方法があればとは思いますが。

サツマイモの畑も、ほとんど収穫が終わっていました。
お土産に「干しいも」を買ってくればよかったと、今ごろ後悔…(笑)
Posted by twins at 2008年11月15日 17:17
★★★ひたちなか海浜鉄道・吉田様
お越しいただき、ありがとうございます。
ここは至って私的なブログですが、ご覧になっていたとは、恐縮です。

なお、お昼は那珂湊の漁港でお寿司を食べていました(笑)
今回は、近くで他の取材がありましたので、合間に立ち寄らせていただきました。

御社の貴重な車両群については概略、承知しておりますが。
僕の立場からすると「ローカル鉄道の経営」という点で、御社に対し非常に興味を覚えます。
いつか、綿密に取材をし、記事を書ける機会があればと願っています。
Posted by twins at 2008年11月15日 17:23
★★★かぁかさん
ちょっと詳しく言うと、廃止になった「羽幌炭礦鉄道」から茨城へと、はるばるやってきたディーゼルカーです。
羽幌に大きな炭坑があった、という話を聞いたことがあるかもしれませんが、そこへ通じていた私鉄で走っていたものです。

二重窓の跡や、“北海道仕様”の木の床(寒暖差の大きな北海道では、木の床がいちばん適している)が、素性を物語っています。
Posted by twins at 2008年11月15日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。