2008年10月20日

東武竹ノ塚駅

081020_1632~01.JPG今日の取材の途中、成り行きで、この駅に出てきました。
僕のような職業の者にとっては、ある意味“聖地”であります。

種村直樹先生の仕事場へ、突撃訪問?
そんなこと恐れ多くて、小心者の僕には絶対できません。。。





posted by twins at 16:41| Comment(6) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは・・・・
嫁さんの実家の最寄り駅・・・
種村先生を存じ上げませんが、
twinsさんと違う意味で私にとっても聖地といえば聖地です(^^;
Posted by 1ststep at 2008年10月21日 12:54
竹ノ塚と云えば確かに種村先生ですね。
三遊亭円丈師匠の名作『悲しみは埼玉に向けて』(CD化されてます)の中に「今日は竹ノ塚から帰ってみようかな?」と云うシーンがありますが、わたしは何故かレイルウェイライターと云う言葉を思い浮かべてしまいます。
Posted by 中林20系 at 2008年10月21日 14:44
★★★1ststepさん
ああ、奥さんのご実家が竹ノ塚でしたか。
なるほど。それは「聖地」と思わなければ(笑)

種村先生の本は、古本として持ち込まれませんか?
僕が持っていない本なら、買います(笑)
Posted by twins at 2008年10月21日 22:31
★★★中林20系さん
竹ノ塚といえば、種村先生の代名詞です。
東急田園都市線梶が谷駅といえば、僕の代名詞に…は、ならんやろなあ(^^;;;;;)
種村先生とは、日暮里・舎人ライナーの開業日にお目にかかって以来です。
いつも、ご無沙汰ばっかり。。。

> 三遊亭円丈師匠の名作『悲しみは埼玉に向けて』
すみません。
関西人、これはピンと来ないです。。。
ていうか、三遊亭円丈の顔が思い出せない(^^;)
Posted by twins at 2008年10月21日 22:36
竹ノ塚といえば、同じ三遊亭でも円楽師匠のお住まいがあるところ。
円丈師匠は、大のドラゴンズファンです(笑)
Posted by フサイっち at 2008年10月22日 02:27
★★★フサイっちさん
あ、円楽なら分かります(笑)
でも、基本的に東京の噺家は超有名どころしか知らないです。。。

上方ならね。
林家竹丸まで知ってます。染二門下です。
で、僕の中学・高校の同級生…(笑)
Posted by twins at 2008年10月22日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。