2008年10月18日

「あめゆ」または「ひやしあめ」

HIYASHIAME1.JPGAMEYU.JPG先日、渋谷・東急百貨店東横店で開かれていた「大・大阪博覧会」の物産展にて。
半狂乱になって買い込んだ(笑)、大阪の味の中で、最後まで残ってた(=日持ちするから)「あめゆ」または「ひやしあめ」。
やっとのことで飲みました。

ご存じの方もいらっしゃいましょうが(関西では常識)
お湯で割ってあったかい状態で飲むと「あめゆ」
冷水で割って冷やして飲むと「ひやしあめ」
で、ございます。

ラベルもきちんと、両方に対応(笑)



HIYASHIAME2.JPGで、どっちにしようかなあ…と迷いましたが、お湯湧かすのがめんどくさかったのと(^^;)
けっこういい陽気だったんで「ひやしあめ」にしました。

うん。
サンガリアのと違って(笑)、生姜の味がしっっっかり。
嗚呼。生まれ故郷の味でございます…大阪、帰りたいなあ。。。(←明日帰るけど




posted by twins at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飴湯、榎木津探偵に言われるまでこの存在を知りませんでした。
う〜〜〜ん、どんな味なんだろう?
興味あるな(人´∀`*)
やっぱり、飴の味かしら。
Posted by Crambom、 at 2008年10月19日 17:13
こんばんは♪

あめゆ、初めて知りました。
ひやしあめは飲んだことがあります。

あったかいのも、これから美味しそうですね。
風邪のときによさそう〜。
Posted by みどり at 2008年10月19日 21:30
★★★Crambom、さん
缶入りじゃないホンモノ?は、生姜の味、香りがかなりします。
甘い生姜湯という感じでしょうか。
もし、見かけられましたら、ぜひどうぞ♪
Posted by twins at 2008年10月21日 22:12
★★★みどりさん
「あめゆ」と「ひやしあめ」は、ホットコーヒーとアイスコーヒーの関係です。
これからの季節は、「あめゆ」ですね♪
生姜の味、香りが刺激的です(笑)
Posted by twins at 2008年10月21日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。