2013年10月29日

N(エヌ)2013年12月号

N13_12.jpgいくつもの仕事が重なる、超繁忙期へ突入しております…(涙)

取り急ぎ、記事掲載誌が発売されておりますので、ご紹介だけ…とはいえ、10月19日には店頭に並んでいたのですが(^_^;)

イカロス出版から隔月刊で出ているNゲージ専門誌「N」に初めて書きました。

とうとう鉄道模型の分野に進出か!? ということではなく、実際の車両を紹介する「研鑽」というコーナーで、JR貨物&JR東日本のEF510形電気機関車を解説しております。



2013年10月22日

鉄道ジャーナル(RJ)2013年12月号

newwork_jarnal13_12.jpg今月もバタバタしており、発売日から1日遅れでご紹介…(^_^;)

鉄道ジャーナルの最新号が発売されております。
今月の特集は「山手線」。
僕は「線形に現れた東京都心の地理と歴史 山手線のアップダウンとカーブを解明」と題して、山手線の線形を調べるという、ちょっと異色な?ルポを書いております。

東京都内の地形については今、さまざまな本も発売されており、一種のブーム。
その方面の第一人者もおられるところへ、僕なぞも参入した次第…


ただ、(今さらながら)多少自慢するとすれば、山手線沿線の地形については、流行りとなるはるか以前から、宮脇俊三さんの鉄道エッセイによって注目していたんですよ、僕は。
「通勤電車もまた楽しからずや」(「終着駅は始発駅」所収)です。

「目白の崖へ突っ込む」なんて表現に、若干、宮脇さんの影響があるかも(笑)


★鉄道ジャーナル公式サイト



2013年10月20日

「やくも26号〜のぞみ60号」

祭すし01.jpg●出雲市16:31→岡山19:38
●岡山19:49→新横浜22:54(乗車中)

いやでも?家では仕事が待っていますので、帰ります。
何のひねりもなく、いつもの、やくも〜のぞみ乗り継ぎですが。



祭すし02.jpg夕食は、岡山で買った「桃太郎の祭ずし」。
これも、ひねりがないかもしれませんが、さすがに旅行シーズンの日曜の夜。
これぐらいしか、駅弁が残ってなかったのでした…( ̄▽ ̄;)



posted by twins at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

「さくら561号〜やくも19号」

やくも19.jpg●新大阪14:59→岡山15:45
●岡山16:05→松江18:39(乗車中)

明日の、一畑電車のイベントに出席するため、さらに西へと移動しております〜



posted by twins at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

「ANA1790便」

ANA1790.jpg●函館空港17:20→関西空港19:15(搭乗待ち中)

北海道での予定も順調に終わり、明日の仕事に備えて、一気に大阪へ飛びます。
台風一過。フライト日和でしょうか。

けど、何で関空行きやねん…伊丹やったら、実家まで30分。



posted by twins at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

洞爺丸慰霊碑

今日は台風26号が関東から東北、道東にかけて来襲し、首都圏の鉄道が混乱したり、帯広や旭川では雪が降ったり(驚)と、大荒れな一日でしたが………
僕が今日、取材して回っていた道南は比較的、穏やか。
雨は一日中降り続いていましたが、風はあまり強くありませんでした。
ちょっとしたダイヤの乱れこそありましたけど、仕事も順調に進んでいます。



洞爺丸慰霊碑.jpgさて。少し早めにひと段落できたので、台風の日に函館にいるのも何かの縁?
夕方に、写真の台風海難者慰霊碑(通称:洞爺丸慰霊碑)を訪れてみました。

津軽海峡線の東久根別で降りて、雨の中を歩いて20分ほど(七重浜駅の方が少し近かったかもしれません)。
海岸近くを通っている国道228号線沿いに、小公園風にしつらえてありました(写真)。
周囲はいわゆる「ロードサイド型店舗」が立ち並ぶ、今時の地方都市の郊外。
慰霊碑の両隣りは、docomoショップとドンキホーテです…


この慰霊碑は、1954(昭和29)年9月26日の「洞爺丸台風」で沈んだ5隻の船に乗っていた、計1430人(異説あり)の霊を慰めるため、翌年に建てられたもの。
一般に「洞爺丸事故」として知られている、海難事故です。

沈んだのは、いずれも青函連絡船でした。
1155名と最大の死者・行方不明者を出した洞爺丸をはじめ、第十一青函丸、北見丸、日高丸、十勝丸の5隻です。

僕がここに着いた時には風があり、写真を撮るのも往生しました。傾いているも、風のせいですよ。
函館港内にいた船も、沖合に避難している状況(写真の右の方に写っています)でありました。

ここは洞爺丸の沈没地点に近いのですが、写真の左の方に函館山の山頂が写っており、本当に函館港のすぐ外。
こんなところで大惨事が起こったとは、船のことは詳しくはありませんが、信じがたいです。


強風と雨の中。すべての交通機関の安全な運行を祈りました………



posted by twins at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

寝台特急「北斗星」

image.jpg●上野19:03→函館 6:35

明日から北海道で取材。
その後、あちこち転々としつつ、1週間の遠征となります。

ということで、約2年2ヵ月ぶりに「北斗星」に乗り込みました。
もちろん、乗りたかったということもあるのですが(笑)
これで朝早く到着すると、仕事上、都合がよいということもあります。
飛行機では朝、出発しても半日無駄になるか、前泊が必要になるので、これも夜行列車の効用です(^_^)v



image.jpgさすがに連休最終日。
出張が決まったのが直前だったので、寝台券が押さえられるかどうか不安でしたが、写真の「ソロ」が1室だけ空いていました。ラッキーです。

移動の足ですから、B寝台でも構わないようなものですけど、やはり個室だと荷物を広げられますし、気楽です。



image.jpg食堂車でディナーと洒落込むほどの余裕はありませんので、夕食は上野で駅弁を買い込みました。
「吹き寄せ弁当 秋露のささやき」(NRE大増・1300円)



image.jpg蓋を開けると、マツタケの香りが広がりました。
今シーズン、初であります(^_^)v



posted by twins at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

第20回鉄道フェスティバル

20th鉄フェス.jpg「鉄道の日」の話題、2つめ。
今日12日は「鉄道フェスティバル」へ出かけておりました…仕事をほったらかしにして…(^_^;)
鉄道の日制定と同時に始まりましたので、今年で第20回になります。

小生、人ごみが嫌いなのと、イベントの大半が鉄道グッズを売る各鉄道会社のブースなので、大散財してしまいそうなので、これまであまり足を向けませんでした…
いえ。あまりどころか、考えてみれば、行ったのは大雨だったこの時だけでした…(^_^;)

重い腰を上げたのは、いつもお世話になっている(お世話している?・笑)、FMサルース「TRAIN-TRAIN」のメインパーソナリティにして、伊豆急行の「オモシロ駅長」の小林佳果さんが、伊豆急行のブース&メインステージで、伊豆急と「TRAIN-TRAIN」のPRをするというので、冷やかしに…じゃなくて応援に行った次第。
「TRAIN-TRAIN」のチラシ配りなどもさせていただきましたよ〜
公式ブログには、僕が邪魔しに…じゃなくて訪れた時の写真も載っております。コチラ


しかし、阪急電車の座席の表地で作ったクッション、欲しかったなあ(笑)…気がついた時には売り切れ。8500円もするんだけど(笑)



posted by twins at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特殊切手「鉄道シリーズ」

鉄道シリーズ01.jpg本日は「鉄道の日」の話題2つ。
「鉄道の日」は明治5(1872)年10月14日(新暦換算)に、日本初となる新橋〜横浜間の鉄道が開業したことにちなむ記念日です。
われわれにとっては、神聖なる記念日?(笑)

で、その鉄道の日が制定されてから、今年は20周年というめでたい節目。
そこで日本郵便では、こういう「鉄道シリーズ」の特殊切手を発行し始めたのです。

こんにゃろ。欲しくなるやん(笑)

80円切手10枚のセットで、額面通り1シート800円ですから、別に郵便物に貼っても損にはなりません。
僕の場合、ご請求書を郵送で送ることが多い(実際はそんなに多くない…涙)ので、80円切手は必需品です。

ちょうど、買い置きの切手がほぼ尽きていましたので、これ幸いと、発売日の10月11日に近所の郵便局へ出向き、3シート購入しました。
たぶん、これで当分、持つでしょう。

取りあえず、業務用?2シート、保存用1シートのつもりですが、切手収集の趣味はありませんから、全部使っちゃうかも…(^_^;)
けど、これが「第1集」ということは「第2集」「第3集」…と発行されるということ。
今後、どんどん切手が溜まっていくような予感がしてます(笑)


ちなみに、これまでの買い置きの切手を買ったのは、この時
山形県山形市の山寺郵便局で、大量に「桜」の切手を買ってしまったので、丸1年半もちました…



posted by twins at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

下吉田倶楽部

下吉田倶楽部.jpg当ブログにしては珍しい? お洒落なカフェへ行ってきた話。

今日、立ち寄った、富士急行下吉田駅内の「下吉田倶楽部」であります。
デザインは、あの水戸岡鋭治氏。
というか、下吉田駅のリニューアル自体を水戸岡氏が手がけたわけなのです。

今月のプロフィール画像である6000系電車も、富士登山電車も。
あるいは富士山駅(旧富士吉田駅)も水戸岡氏の「作品」で、いわばトータルプロデュースを行っているようなもの。



下吉田倶楽部2.jpg下吉田駅のリニューアルは2009年7月に完成し、2010年の暮れに僕も訪れていますが、その後の2011年4月、駅舎内に「下吉田倶楽部」、駅構内に「ブルートレインテラス」がお目見えしましたので、再訪した次第です。

いただいたのは「下吉田ブレンド」(250円)と揚げパン(200円)。
ブレンドはおとなしい味わいで、揚げパンもギトギトしておらず美味しゅうございました。



下吉田駅.jpgこれが下吉田駅全景。
ただし、2010年暮れの撮影です。

駅の待合室を挟んで、右側がトイレや自動販売機などのスペース。
左側に「下吉田倶楽部」ができました。
「ブルートレインテラス」は駅舎の右隣りになります。



下吉田駅待合室.jpg待合室内部。
やはり、2010年暮れの撮影です。

高い天井が印象的です。
こうした広い空間を作れたのは、鉄道あるいは地域に余裕があったしるし。
機能的な意味はなく、効用は広々として気持ちいいということですから、余裕がないと作れない駅舎です。
それを水戸岡氏が甦らせました。

なお、下吉田駅の開業は1929(昭和4)年。
戦前の鉄道黄金期です。



RTテラス.jpgこれがブルートレインテラス。
本物の特急用寝台車が置いてあります。



富士山駅.jpgちなみに今日は、富士急行でちょっと軽い取材をば。



posted by twins at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●鉄道と旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

プロフィール画像・10月【富士急行6000系】

今日から10月。今年もあと3ヵ月と考えるか、今年度もあと6ヵ月と考えるかで、かなり気分が違ってくる今日この頃。
だいたい、出版物って「年度内に!」というもの、多いですから〜

今月のプロフィール画像は、元JR東日本205系の富士急行6000系電車です。
「鉄道ジャーナル」の富士山取材の時に乗った電車で、大月駅に到着するところを撮影しました。



posted by twins at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ●身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。